無料の会員登録をすると
お気に入りができます

常温で出しっぱなしOK?NG?今さら聞けない基本調味料の保存方法

レシピ

反対に、冷蔵NGな調味料もあります。

× はちみつ
× 本みりん
× 調理油(サラダ油、ごま油、オリーブオイルなど)

これらは、成分が結晶化したり白濁することで、大きく品質が落ちるわけではないですが、湯煎にかけたり、しばらく常温に置いておかないと使いづらくなってしまいます。

常温保存が基本となりますが、開封後は異物の混入を防いで酸化を抑えるためにも、しっかりと蓋を閉めてくださいね!

冷凍NGな調味料

味噌は冷凍保存ができます。凍らないため使いやすいということで知られていますが、それ以外の調味料はあまり冷凍保存することはないのでは?
間違って冷凍保存した場合、品質が低下してしまうものもありますので、ご注意を。
(冷蔵NGな調味料も、もちろん冷凍には向いていませんので、その認識でお願いしますね!)

× マヨネーズ

マヨネーズは、油と酢に卵を加えることで乳化させています。
本来、油と水分は交じり合わないものですが、乳化させることで安定して混ざり合った状態で存在することができます。

それが、高温の環境や0℃に近くなると分離してしまい、元の状態には戻らなくなってしまいます。

冷凍庫だけでなく、0℃近くになる可能性のチルド室や、冷気の吹き出し口の近くも避けるようにしてください。冷たくし過ぎる必要がないので、開封後は野菜室の保存でOKです。

賢く保存して長く使いましょう!

賞味期限は開封後数日のものから3か月くらい美味しく食べられるものまで、メーカーや調味料の種類によって様々。
あくまでも、賞味期限=『美味しく食べられる期限』ですので、1日過ぎたらNGということはありませんが、いずれも最適な保存をした場合での目安になります。

食品が傷んでしまう原因の多くは、
◆ 日光
◆ 温度
◆ 酸素
と言われています。

できるだけ長く美味しさを楽しめるよう、調味料ごとの性質を理解して保存方法を選んでみてくださいね!

★この記事を書いたのは・・・ゆかり
管理栄養士&食生活アドバイザー。
4歳女の子のママ。保育園調理、セミナー講師、出張料理、料理教室、食育サイトの記事執筆などで活躍中。食べること、料理することが好きなワーカーホリックです。

サンキュ!STYLEライター「ゆかり」記事一覧
ワーホリ管理栄養士のスマイル食ブログ

※ご紹介した内容は個人の感想です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ