無料の会員登録をすると
お気に入りができます

太って見えやすい!40代が避けたい夏~秋の要注意コーデ

ファッション

40代の女性が着やすく、人気の組み合わせですが、実は太って見えることも多いコーデについてご紹介します。特に夏から秋の時期はまだ薄着のシーズンが続くので、アイテムの選び方次第で太って見えてしまうことも……。ぜひチェックしてみてくださいね!

色々と重ねるにはまだ暑い時期なので、まずは夏色のTシャツを写真のような秋色に変えるのがおすすめ。オレンジや赤味がかかったような色味や、グリーン系、ブラウン系、マスタードのようなイエロー系もおすすめです。

そしてごく普通のTシャツではなく、Vネックやデザインの入ったカットソーなどに変えると、フェイスラインもはっきりして、シャープさもアップ。野暮ったくなるのを防げます。

体のラインをすっぽり覆うようなゆったりコーデ

軽いゴムウエストや飾りで、腰の位置が分かるとぐっとスタイルがよく見えます 出典:WEAR

体型を隠したい!と思うと、どうしても袖や丈は長めに、身頃はゆったり、色も濃くなり……と全体的に重くなりがち。特に夏から秋のコーデはまだ暑く、重ね着ではなく単品で着るワンツーコーデがほとんどなので、「全体的に隠している、覆っている」という感じが目立ってしまい、たっぷりとした生地感が余計体を大きく見せてしまうことも。

40代の女性からは、見せて着やせするテクニックはトライしにくいので、やはり隠すほうが安心、という声も聞かれます。

そんな時は、まずウエストの位置だけでも分かるようにしてみてください。たとえ写真のように、二の腕や脚のラインがすっぽり隠せてしまうアイテムでも、腰の位置にギャザーが入っているだけでもOK。ブラウスやTシャツなどでも、ウエストまたは少し上の位置が絞られていたりするだけで、メリハリがつき、スタイルをよく見せてくれます。

ぜひトライしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ