無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ネガティブ」は今日で卒業!今日からできるポジティブ思考術10選

蒸し暑さやジメジメしたお天気が続くと、気分も落ち込みやすくなる今の時期。梅雨時のジメジメがネガティブな気分をより落ち込ませることもありますよね。ネガティブは今日で卒業!今日からできるポジティブ思考術をご紹介します。

2017年5月
ライフスタイル

友達や同僚の幸せそうな報告や成功報告にも、素直に「おめでとう」と言ってみましょう。自分も頑張ろうと思えるまで時間がかかっても、ネガティブな気持ちに打ち勝てたことは大きな一歩です。

④「だって」「でも」=「ごめんなさい」

大人になると叱られることも少なくなります。仕事でミスをしたり、彼や旦那さんとケンカするくらいしか怒られることがない人もいますよね。感情が高ぶっている時は、冷静になれないかもしれませんが、まずは深呼吸。

女性の場合は、生理前のホルモンバランスや体温の変化が感情の揺らぎに繋がるとも言われています。細かいことにイライラしたり、八つ当たりしたくなる時は「ホルモンのせい」かも。

怒っている時は冷静になれなくても、改めて落ち着くと「自分も悪かったな」と反省することも。そんな時は、ちゃんと謝るのが肝心。上手く伝えられる自信がなくても、行動に移すことが大事です。

⑤「もう無理」=「あと1日」

ダイエットや恋愛、仕事にも共通して言えることですが、どんなに一生懸命頑張っても目に見えない成果がないと「もう無理…」と諦めてしまいたくなりますよね。でも、そんな時こそ、もうひと踏ん張り。

「あと1日頑張ってみよう」と頑張っているうちに、「今週いっぱいは頑張れそう」「気づいたら2週間経ってた」など、知らない間に根気よく努力を続けていたり、頑張れている自分に出会えるかもしれません。

たまには、思いっきり自分を褒めてあげましょう。ご褒美をあげることで、モチベーションも上がりやすいんです。「ご褒美」は形に残るものだと、後で振り返りやすく、頑張った勲章として残りやすくなります。

⑥「予定がない」=「1人を楽しむ」

友達のSNSを見るたびに「リア充で羨ましい」「私なんて、全然予定ない」と感じることはありませんか?予定が詰まっていることは、そんなに魅力的ですか?時間に追われて分刻みで動くのもなかなか大変で疲れます。

予定がない時こそ、大チャンス!海外では、1人の時間を楽しめる人こそ、人生を楽しめると言われているほど1人の時間は「自分磨きの時間」。気になっていたことや好きなことに集中する絶好の機会です。

忙しい間の「スキマ時間」をどう過ごすかで、疲れにくくストレスが溜まりにくくなるんです。短時間でできることや、気になることをちょっとだけしてみると、ストレス解消になって、少しの気分転換になります。

記事に関するお問い合わせ