無料の会員登録をすると
お気に入りができます

3回目のデートが鉄板?…男が「付き合ってほしい」と思うタイミング

たとえばマッチングアプリで知り合った人がいたとして、付き合うかどうかはいつ決めるのでしょう? 女性は何となく「3回目のデート」を目安にしがちですが、男性はどう考えているのか調べてみました。

恋愛・結婚

3回目のデートで何もなかったら?

確かに、3回目のデートまでに何かしらあることのほうが多いのは確かです。男性は好き嫌いの判断を初対面で決めるともいわれるので、初回で何とも思わなければ、何回デートを繰り返してもピンと来ないはず。

でもだからといって、3回デートしても告白はなく、ホテルへ誘われることもなかったら脈ナシ……とは限りません。相手の男性が奥手で恋下手であれば告白のタイミングを逃したかもしれませんし、1回目と2回目のデート時間が少ないなら判断要素が足りないのでしょう。また、彼に彼女候補が複数いる場合は決めきれない可能性があります。

ただ、「ホテルに誘われたけれど告白らしきことはナシ」という男性には要注意。体目的かもしれないので、OKする前に彼の本気度を確かめたほうがいいでしょう。

男の本音「嫌いだったら3回も会わない」

社会人になれば、お互いに仕事の都合もあってデートの日取りを決めるのはラクじゃありません。それでも時間を作って3回も会うということ自体に、実は意味があります。

「嫌いな人とは3回も会わない」(36歳男性・営業)

これが結局のところ、男性の本音じゃないかと思うのです。女性だって、イマイチと思えば初回のデートですら早く切り上げたくなるはず。3回も会う相手には心を揺さぶられる魅力が確かにあるのでしょう。

それを踏まえたなら、女性側も「3回目のデートまでに告白させる」と目標を立てることができます。判断を男性だけに委ねず、積極的に恋をクロージングできるはずです。

©svetikd/Gettyimages
©g-stockstudio/Gettyimages
©skynesher/Gettyimages
©golubovy/Gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ