無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたはどっち?片づけが苦手な人と得意な人の違い3つ

ライフスタイル

68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

以前は片づけが大の苦手でしたが、物を手放すごとにすこしずつ苦手意識はなくなっていきました。そう変化したのには、大きく3つのことが関係していました。

今回は過去の自分に当てはめて、苦手な人と得意な人の3つの違いについて紹介させていただきます。

1.「片づけ」に対するイメージが違う

この数年間で片づけに対するイメージが大きく変わりました。

部屋が散らかっていた頃は、片づけは億劫で嫌なイメージでしかありませんでした。
しかし、好きな音楽やYouTubeを聞く時間とセットにしたところ、楽しいイメージに変わりました。今では、リフレッシュにすらなっています。

この、「片づけ」に対するイメージが良いか悪いかですぐ行動に移せるか、ギリギリまで移さないかで分かれていきます。

2.片づけが習慣化されているかどうか

部屋が散らかっている頃は、週末に半日〜1日かけて部屋を片づけて掃除していました。

今では、そこまで時間をかけない代わりに、ちょこっと掃除が習慣になってきています。

これも、「こまめにやること」に対してのイメージが双方では違いました。

こまめにやる事は面倒くさいと思っていましたが、実はその逆という事に気づいてからの方が、時間をかけずにスムーズに部屋が整っていきました。

3.問題解決能力があるかどうか

例えば、部屋が散らかっていたとすると、苦手だった頃は、「数時間かけて片づけるだけ」か「収納から溢れたら新たな収納を増やす」ことばかりを考えていました。

しかし、それではまた同じことの繰り返しです。
収納を増やすことによって、さらに状況が悪化する可能性もあります。

得意な人は同じような状況の時、このように考えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ