無料の会員登録をすると
お気に入りができます

書きやすいから日記が続く♡ダイソーの優秀「ダイアリーノート」を徹底解説

100yen

書きやすさ抜群のダイアリーが欲しい♡

ダイソーの2商品が優秀なんです!

今回おすすめしたいのが、ハードカバータイプの「365日ダイアリー」と、その名の通り「文庫本と同じサイズのノート」です。100円商品とは思えない驚きのクオリティ、早速ご紹介していきます。

みんなの使い方を教えて♡セリアの「368ページノート」

手帳は使わず、スマートフォンやタブレットでスケジュールを管理している人が多いかもしれません。ところが、今あえて「手書きをする」という人も増えているとか。そこで、使える!と話題のセリアの「368ページノート」に注目してみました。
7310

「365日ダイアリー」の魅力

まず最初にご紹介するのはしっかりしたハードカバータイプの「365日ダイアリー」。100円商品と思えないシンプルで上品な見た目が特徴です。

魅力①:高級感のある表紙

最大の魅力はこの表紙。「ボルドー」と「紺」の落ち着いた2色展開で、机の上でも本棚でも、どこに置いていてもオシャレ見えする優秀っぷりです。サラサラとした質感で手に持っても高級感を感じることができます。

そして、驚くのが表紙の厚み。百科事典のようなしっかりとした肉厚の紙を使用し、荷物が多い女子のバッグの中でも曲がってしまうことがありません。表紙が固いので、テーブルの上でなくても文字が書きやすいんです。

魅力②:気の利いた中身

気になるのは何といっても書き味ですよね。上質な白い紙を使用しており、鉛筆、ボールペンともにスルスルと書きやすい印象です。裏移りもしないので、カラフルなカラーペンも遠慮なく使えますよ。

行幅もポイントです。よくある「文字を書く幅が1行だと狭すぎるけど2行だと広すぎる」といった問題を解決してくれる、ちょうどよい行間で、ストレスなく文字を書くことができますよ。

セリアの「368ページフリーノート」は1日1ページでしたが、こちらは2日で1ページ、1日あたりたった10行です。毎日1ページも書けない…と長続きしなかった日記も、半ページだけなら長く続きそうですよね。

記事に関するお問い合わせ