無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬がひたすら飼い主を見つめている時の心理5つ

ふと気づくと愛犬から熱い視線を注がれていたことはありませんか?犬は飼い主さんをとてもよく観察していますよ。犬がひたすらに飼い主さんを見つめている時の心理をご紹介いたします。

ペット

犬が見つめるのは気持ちを伝える手段にひとつ

愛犬にひたすらに見つめられた経験がある飼い主さんも多いはず。仕事や家事の最中で、構ってあげることができない時に、ずーっと見つめられると、なんだか申し訳ない気持ちになりませんか?

「寂しいな」や「構ってほしいな…」という気持ちで、ひたすらに見つめている時もありますが、心理はそれだけではありません。

犬は当然、言葉でコミュニケーションをとることが出来ないので、様々な行動で私たち飼い主に気持ちを伝えようとしてくれます。

「見つめる」という行為ももちろんそのひとつ。飼い主さんが嬉しく感じられる心理もあれば、あまり喜ばしくない心理もありますが、愛犬の感情を理解するためにも見つめている時の心理を探ってみましょう。

犬がひたすら飼い主を見つめている時の心理5つ

1.愛情表現のひとつ

愛犬がひたすらに長い間、ジーっと見つめてくるのは、愛情表現のひとつでもあります。愛犬がリラックスしている時、優しい笑顔のような表情で見つめられたことはありませんか?

「大好きだよ」の気持ちで飼い主さんを見つめている時は、やや目を細め、口角が上がり穏やかな笑顔のような表情になっていることが多いようです。

犬にとって目を細めるのは友好のサインのひとつ。心から信頼できる大好きな相手に対して見せてくれる表情となっています。なんだか眠たそうな細い目で、ボンヤリと見つめてくる時は、大好きな飼い主さんに愛情を伝えているとともに、リラックスしている状態でもあります。

2.要求がある

犬は何かの「要求」がある時も、飼い主さんをひたすらに見つめることがあります。気持ちを伝えたい一心で、一生懸命熱い視線を飼い主さんに向けるのです。

犬には様々な要求がありますよね。「オヤツが食べたい」「構ってほしい」「撫でてほしい」「お散歩に行きたい」などの要求は、飼い主さんに気持ちを理解してもらいたくて、いつまでも飼い主さんを見つめ続けるのです。

叶えてほしい要求がある時は、やや興奮気味になってしまうこともあります。口を開いて呼吸が少々荒くなり、瞳は何かを期待するかのようにキラキラと輝いていることが多いよう。

尻尾をブンブンと振る、また飼い主さんに前脚でタッチするなどの行動も一緒に見られることがあります。

3.緊張している

犬は不安な気持ちや緊張感がある時も、飼い主さんを見つめることがあります。犬は飼い主さんの行動をとてもよく観察している生き物。飼い主さんのとる行動で、次に何が起こるか察知できる子も多いはず。

例えば、爪切りやシャンプーなど、苦手と感じていることをされそうな気配を察知した時、飼い主さんをじーっと見つめることがあるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ