無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ごはんにかけるだけで完成!体がよろこぶ「冷やし茶漬け」アレンジ

まだまだ暑い日が続く今の時期は、さっぱり食べられる「冷やし茶漬け」がおすすめ!ごはんに好きな具材をのせてお茶か出汁をかけるだけで作れて、アレンジも豊富です。しかも、冷たいごはんは、炭水化物がレジスタントスターチというでんぷんに変化することでダイエット効果も!今すぐ作りたくなる冷やし茶漬けの作り方をご紹介します。

レシピ

好きな具とお茶やだし汁で簡単に!

お茶漬けの素とほうじ茶で

おうちごはんのLoversコラム「ぐっちのおさけじかん」でおなじみのぐっちさん(gucci.tckb)。夏バテぎみの時は、冷やし茶漬けがことさらおいしく感じられるそう。

この日は、温かいごはんにお茶漬けの素と冷たいほうじ茶をかけ、氷を浮かべてシンプルに。

このお茶漬けだけでもいいけれど、ハタハタの一夜干しやきんぴらごぼう、ぬか漬けなどのおかずがあると、否が応でも食欲が出ちゃいそうですね。

ぬか漬け夏野菜をたっぷりと

京都で、ぬか床のある暮らしを楽しんでいる@nukadoco.lover_junさん。

こちらの冷やし茶漬けにも、ぬか漬け夏野菜がたっぷり!

糠漬け(胡瓜、茄子、オクラ)、大葉を細かく刻み、おろし生姜、すりごまを合わせたものをごはんにのせ、冷たいほうじ茶を注ぎます。
香りのアクセントにカボスのスライスをトッピング♪
www.instagram.com

ぬか漬けにすると、生野菜に比べてビタミンやミネラルなどの栄養が何倍にも増えるのだとか。暑さで疲れた体にはうれしいごちそうですね。

古漬けと烏龍茶で

長期間じっくり漬け込んだ「古漬け」は酸味が増して、お茶漬けにするとほどよいおいしさ。

@ariko418さんは古漬けのほかに、明太子と搾菜もごはんにのせて冷たい烏龍茶かけています。

お茶漬けに烏龍茶というのはちょっと珍しい気もしますが、これが意外と合うんです。さっぱりとした味わいになるので、こってり具材の時にもおすすめですよ。

アジとミョウガでさっぱり

この夏は、サラサラっと食べられる冷やし茶漬けにハマっているという、美容家でダイエットメンタルコーチの千波さん(@chinami19880612)。

薬味をたっぷり乗せて。
写真はアジを叩いて、出汁醤油を少しとミョウガ、
焼いたナスです🍆
www.instagram.com

旬のアジは脂がのっていて、ミョウガと合わせることでさっぱりとおいしくいただけます。

この日の冷やし茶漬けには緑茶をかけていますが、ほうじ茶をかける時も。お茶を変えるだけで味わいがガラリと変わるので、いろいろと試してみるのも楽しそうです。

豚肉と夏野菜で彩りよく

さっと茹でた豚肉、ミニトマト、オクラなどが入った彩り豊かな@com.in06さんの冷やし茶漬け。トッピングの青じそや塩昆布がさらなる食欲をそそります。

レシピは「みんなのきょうの料理」に掲載されていたもの。使っているお茶は煎茶で、水(軟水)で入れると味わいが増して、よりおいしくなるそうですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ