無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[関東]紅葉シーズンに行きたい! 旅気分が味わえる庭園10選 

旅行・おでかけ

身近な場所でちょっとした旅気分を味わえる場所のひとつとして、庭園はいかがでしょう。 造園家の世界観に身を浸せば、簡単に非日常感を味わえます。今回は、東京を中心とした関東近郊の庭園を10カ所ご紹介。今年は遠出はあきらめたという人も、見るべきポイントを押さえれば、庭園散策がよりいっそう楽しく充実したものになるはずです。

Text:ART&旭

【1】江戸時代を代表する大名庭園「六義園」/東京都・文京区

都心にありながら約87,000㎡と広大な庭園が六義園です。江戸幕府の側用人だった柳澤吉保が、元禄8(1695)年、5代将軍・綱吉から与えられた下屋敷に7年かけて造営した庭園が元になっています。回遊式の庭園のため、園路を巡りながらツツジや桜などの季節ごとの花を楽しむことができます。

園内には和歌に詠まれた名勝の景観が88カ所あり、六義園八十八境として知られています。場所ごとに組み込まれた景観や歌枕についての解説もあるのでチェックしてみて。春は桜、夏は新緑も美しいですが、特に11月中旬から12月上旬のハゼ、モミジなどの紅葉は見事で多くの観光客が訪れます。

紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬
種類:ハゼ、モミジなど

◆六義園
住所:東京都文京区本駒込6丁目
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
入園料:一般300円、65歳以上150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
電話番号:03-3941-2222(六義園サービスセンター)

【2】音楽評論家の屋敷跡「大田黒公園」/東京都・杉並区

中央線荻窪駅の南口から徒歩約10分。閑静な住宅地の中にあるのが大田黒公園です。入口でまず目に入ってくるイチョウ並木は写真映え抜群。園内の中央に位置する広さ約9,000㎡の庭園は、大正から昭和にかけて活躍した音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡に作られたもので、昭和56年に開園しました。

荻窪に残る武蔵野のゆるい起伏した土地の形状をうまく利用した回遊式庭園で、茶室の裏の井筒から流れ出る細流が鬱蒼とした木立の中を抜け、庭園の池に注ぐ様はあたかも昔の武蔵野の面影をたどるよう。園内のレンガ色の建物は大田黒氏の記念館で、音楽界での足跡を知ることができます。

紅葉の見頃:11月下旬~12月上旬
種類:イチョウ、モミジなど

◆大田黒公園
住所:東京都杉並区荻窪3丁目33-12
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
入園料:無料 ※茶室等一部有料あり
電話番号:03-3398-5814(大田黒公園管理事務所)

【3】日本における風景庭園の名作「新宿御苑」/東京都新宿区・渋谷区

新宿駅南口の雑踏から徒歩約10分、静かに秋の日を楽しむには最適の庭園です。広い芝生のイメージが強い新宿御苑ですが、日本庭園のほか西洋の庭園様式があり、ノスタルジックな建物とイチョウ、カエデなど木々が美しく彩った風景は必見です。庭園のほか、変化に富んだ自然を目にできる里山「母と子の森」もあり、野性味あふれる自然と、計算された美しさを持つ庭園の両方を楽しめます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ