無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実はそれ間違ってる!大人女子が知っておきたいテーブルマナーのNG集 -洋食編-

ちょっといいレストランに出かけるときに、気をつけておきたいテーブルマナー。実は間違っている作法がちらほらあるんです。そこで、大人女子なら身につけておきたいテーブルマナーNG集を学びましょう。

2017年5月
ライフスタイル

そのテーブルマナー、間違っているかも

大人だからこそ知っておきたい

LOCARI世代の大人女子ならば、ちょっと上質なレストランを訪れる機会も増えるでしょう。ドレスコードなどの身だしなみだけでなく、テーブルマナーもきちんと理解していますか?

テーブルマナーは相手を不愉快にしないために必要なこと。身につけたら一生物です。そこで、大人女子だからこそ知っておきたいテーブルマナーのNG集や正しいマナーを学びましょう。

席に着くまでもマナーがあるのです

NGマナー:席の右側に立つ

右側から席に座るのは実はNG。洋室では右側が上位になるので、それを避けるのが正しいマナーです。

OKマナー:席の左側に立つ

基本的に左側から席につきましょう。中座して席を立つときも、左側から立ち上がるのがGOOD。

NGマナー:バッグを椅子にかける

バッグを椅子にかけてしまうと見栄えが悪いですし、お店の方の移動もしにくくなります。

OKマナー:バッグは預けるか椅子の背部分に

大きな荷物はクロークや入り口で預けましょう。自分でバッグを持っていたいなら椅子の背もたれ部分に置いたり、バッグ用に椅子を用意してもらうのもありです。あるいは自分の左側の床に置くのも◎。

フォーマルなお店では、荷物を邪魔にならないように小さくまとめるのが基本です。

NGマナー:ナプキンをすぐ広げる

席に座ってすぐナプキンを広げてはいけません。「早く料理を出して」と急かす意味になってしまいます。ナプキンは膝に広げるもので、首にかけてよだれかけのように使うのもNGです。

OKマナー:オーダー後or料理が来る直前

ナプキンを広げるタイミングは料理をオーダーした後や、料理が来る直前です。あるいは主賓がナプキンを取ったら、その後に取るのも良いでしょう。

カトラリーの使い方

NGマナー:好きなフォークやナイフを使う

コース料理の場合、フォークやナイフなどのカトラリーやお皿がテーブルセッティングされています。好きなものを使って良いわけではありませんのでご注意を。お皿を手で持つのもNGですよ。

OKマナー:テーブルセッティングは外側から

テーブルセッティングは料理に合わせて置いてあるので、一品ごとに外側から使っていきましょう。

右手にナイフ、左手にフォークが基本です。スープやコーヒーなどのスプーンは右手で持ち、左手は器に軽く添えましょう。

NGマナー:ナイフの刃を外側に向ける

ナイフを置くときに、刃を外側にすると、周囲の人に刃を向けることになってしまい、失礼になります。

OKマナー:ナイフの刃は内側に向ける

ナイフの刃は内側にして自分に向けるようにしましょう。

NGマナー:カトラリーの先を天井に向ける

食事中に料理を味わっていたり、会話に夢中になったりして、つい手に持っているナイフやフォークの先端が天井に向かないように気をつけて。ソースや汁が手元の方に滴ってしまいます。

OKマナー:食事中もカトラリーに気を配る

食事中でもカトラリーの先は上に向けないように気を配りましょう。

NGマナー:落とした食器を自分で拾う

ナイフやフォークを落としてしまったとき、お店の方の手をわずらわせたくないと自分で拾ってしまうのもNG。

OKマナー:お店の人に任せる

食べること以外はお店の方に任せるのが正しいマナーです。新しいものに取り換えてもらいましょう。

NGマナー:途中でカトラリーをテーブルに置く

食事の途中でフォークやナイフを置きたいときに、テーブルの上はNGです。基本的には皿の上に置きましょう。

OKマナー:途中ならハの字、食べ終わったら2本そろえて

一度カトラリーを置いてパンを食べたり、ドリンクを飲んだりしても、まだ料理を食べている途中という場合がありますよね。それならフォークとナイフは皿の上でハの字に置きましょう。

食べ終わったら皿の上にフォークとナイフをそろえて右側に置きます。フォークは背を上、ナイフは刃を内側に向けて。食べ終わった合図になります。

上品な料理の食べ方

NGマナー:乾杯でグラス同士をぶつける

飲み会などでの乾杯では、グラスとグラスをぶつけて音を立てますよね。しかし、フォーマルなお店ではグラス同士をぶつけて音を出すのはマナー違反です。

OKマナー:グラスは軽く持ち上げるだけ

乾杯のときはグラスを軽く持ち上げるだけでOK。

NGマナー:音を立ててスープを飲む

スープを飲むときにずずっと音を立ててしまうのもNG。持ち手のない器なのに手で持って、口をつけて飲むのもマナー違反です。必ずスプーンを使いましょう。

OKマナー:音を立てずに飲む

スープスプーンは手前から奥にむかってすくうのがイギリス式。奥から当て前に向かってすくうのがフランス式です。

instagram.com

そして飲み口を斜めにして音を立てずに飲みましょう。飲み終わったらスープの受け皿にスプーンを置けば、食べ終えたという合図になります。

NGマナー:パンにそのままかぶりつく

パンにそのままかぶりつくのはNG。また、そのままでバターをつけるのも控えましょう。

OKマナー:食べる大きさにちぎる

パンはちぎって口に運ぶのが正しいマナーです。バターをつける際も、ちぎってからつけましょう。

NGマナー:肉料理を全て切ってしまう

肉料理を食べやすくしようと、最初にフォークとナイフで切り分けてしまってはいませんか?それでは冷めてしまい、肉汁も出てしまっておいしくありません。

OKマナー:食べるたびに切る

お肉は一口食べるたびに切ること。左端から食べやすい大きさに切りましょう。

NGマナー:ごはんを食べるときに持ち手を変える

洋食でごはんを食べるときに、利き手が右だと右手に持ち替えてしまう人がいますが、これはNGマナーです。食器類の持ち手は変えるとマナー違反です。

OKマナー:左手にフォーク、ごはんはフォークの腹に乗せる

したがってごはんでもフォークは左手で持って使います。またフォークの背にのせるのはイギリス式、フォークの腹にのせるのはフランス式なので、どちらも扱いやすい方でかまいません。

食事中に気をつけておきたいマナー

NGマナー:ナプキンでテーブルの汚れを拭く

テーブルの上がソースなどで汚れてしまったり、食器の汚れが気になったりして、ナプキンで拭いてはいませんか?実はこれもNG。

OKマナー:ナプキンは口と指先のみ拭く

基本的にナプキンは口と指先のみ拭くためのものです。汚れが見えないようにナプキンの内側で拭くのがポイント。

NGマナー:自分のハンカチやティッシュを使う

ナプキンを使わず、自分のハンカチやティッシュで口や指先を拭いてはいませんか?これだと「店のナプキンが汚くて使えない」という意味になってしまいます。

OKマナー:汚れはナプキンで拭き取って

基本的に汚れはナプキンで拭き取りましょう。

NGマナー:中座するときにナプキンをテーブルの上

化粧室に行くなど食事中に席を立つとき、膝に広げたナプキンをどこに置こうか迷いますよね。テーブルはNG。見える場所にナプキンをくしゃっと置くと、見た目が悪いです。

OKマナー:中座するときはナプキンは椅子の上

中座する際は椅子の上に無造作に置きましょう。

NGマナー:グラスに口紅がべったり

グラスに口紅がべったりついてしまうと見苦しいです。そのままナプキンで拭くのもNGマナー。

OKマナー:食事の前に口紅は落とす

グラスに口紅がついてしまったら指で拭き取り、その指をナプキンで拭くと良いでしょう。食事の前にティッシュオフして口紅を落としておいたり、グラスに付きにくい口紅を使うなど工夫をすることも大切です。

ベッタリつくのは嫌!カップに口紅がつきにくくなる方法4選

外出先でおしゃれなカフェに入って、おいしそうなドリンクを頼むこともありますよね。そんなとき、カップにベッタリと口紅がついてしまった、なんて方はいないでしょうか?これってちょっと恥ずかしいですよね。カップに口紅がつかないような工夫を知っておきましょう。
672

食後も気を抜かないで

NGマナー:コーヒー・紅茶のカップを両手で持つ

食後のコーヒーや紅茶を飲むときに、両手でカップを持つのはNG。「温度がぬるい」という意味になってしまいます。

OKマナー:右手はカップ、左手はソーサーに添えて

コーヒーを飲むときは右手カップを持ち、左手は受け皿・ソーサーに添えましょう。紅茶を飲むときや立食などではソーサーを持っても良いです。

NGマナー:ナプキンをきれいにたたむ

食後にナプキンをきれいにたたんで席を立つ…というのは「料理やサービスに不満がある」という意味になってしまいます。

OKマナー:テーブルの上に置くだけ

折り目などをきっちり合わせることなく、軽くたたんでテーブルの上に置くくらいでOKです。

品格のある女性になりましょう

テーブルマナーいかがでしたか?意外と間違って覚えていることがあったのではないでしょうか。改善点が多ければ、それだけ伸びしろもあるということ。テーブルマナーを見直して、品格のある女性になりましょう。

記事に関するお問い合わせ