無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚への最短距離? 簡単に出会える時代に見直したい「お見合い」のこと

「お見合い結婚はつまらない」「ちゃんと恋愛して結婚したい」と思う方は多いことでしょう。でも、お見合いには合コンや婚活パーティにはない長所があります。ここでは、婚活女子なら押さえておきたいお見合いのメリット&デメリットをご紹介します。

2017年5月
恋愛・結婚

お見合いのメリットに目を向けてみよう

恋愛結婚よりもお見合い結婚のほうが離婚率が低いと言われています。婚活するならお見合いもぜひ検討しておきたいもの。いまどきのお見合いのメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット1 結婚願望のある人と出会える

お見合いは、仲人が年齢や性格などを考慮しお似合いと思われる男女を引き合わせる昔ながらのものと、結婚相談所が仲介するものの二つに大別されます。いずれも、お見合い後お互いにOKとなったら交際が始まります。

ふつうの恋愛だと、相手の結婚願望の有無はある程度付き合ってみないとわかりません。その点お見合いならはじめから結婚を前提とした交際ができるので、時間を先延ばししたくない女性に向いているといえます。

メリット2 相手の身元が確かなので安心

婚活サイトやパーティなどでは本人確認を厳密に行っていないところが大半です。既婚者やヤリ目(セックス目的)の男性が混ざっていたり、プロフィールに嘘があったりすることも。うっかり引っかかってしまったら大変です。

お見合いなら、相手の身元についてはまず心配ありません。相手の学歴や職業、勤務先、婚歴、家族構成などの情報もあらかじめわかるので、安心して交際を始められるというメリットがあります。

また、仲人や相談所スタッフなど周囲の関係者の目があるので、交際がうまくいかなかった場合でもストーカー行為などのトラブルになりにくいといえます。

メリット3 交際期間が決まっている

通常の交際では、ゴールインまでの期間はカップルによって異なります。何年も交際を続けた挙げ句フラれてしまうことも。お見合いの場合は結婚が前提のため、ズルズルと交際を続けることは基本的にありません。

結婚相談所では交際期間を3か月(最大6か月)と定めているのが一般的です。できるだけ早く結婚を決めたいという女性にとっては、交際期間の目安があらかじめ決まっていることはメリットといえるでしょう。

デメリット1 同時交際が当たり前

昔ながらのお見合いでは、仲人に相手を紹介してもらうという体裁のため一対一の交際が基本です。しかし結婚相談所のお見合いの場合は、交際の初期段階では男女ともに同時進行が認められています。

pixabay.com

相手男性が自分と交際しつつ、他の女性ともお見合いや交際をしているということが当たり前にあります。相手が別の女性を選んだ場合は、あなたに何の落ち度がなくても交際終了となってしまいます。

もちろん、効率的な婚活という意味では同時進行もメリットとなりえます。複数の相手と交際する中で自分に合うタイプがわかってくることも。うまくいかないときは気持ちを切り替えて次の相手を探すタフさも必要です。

デメリット2 交際終了の判断がシビア

通常の交際では、相手に多少の欠点があったとしてもしばらくは目をつぶって付き合いを続けるでしょう。しかしお見合いからの交際の場合は、あくまで結婚相手としてふさわしいかという観点から相手を判断します。

pixabay.com

相性自体は悪くなくても、伴侶としては不適格と判断されたら交際終了にされてしまいます。男女ともに、友達を求めてお見合いをしているわけではないので、アリナシの判断はよりシビアになる傾向があるといえます。

デメリット3 最初は顔写真で判断される

一般的な恋愛では、お互いの人間性や性格などに惹かれあって恋が始まるものです。しかしお見合いの場合は、プロフィール写真を相手に気に入ってもらえないと、実際に会うところまでこぎつけられないのが現実です。

girlydrop.com

お見合いの場合はどうしても、まず見た目で選び、徐々に内面を知っていくという形になります。まずスタートラインに立つために、プロの手を借りて自分史上最高のプロフィール写真を用意することをおすすめします。

安心感を求めるならお見合いがおすすめ

いかがでしたか? 出会いの形はどうあれ、最終的には相手を好きになって結婚するという点はお見合い結婚も恋愛結婚も変わりません。本気で婚活するなら、お見合いという選択肢も検討してもいいかもしれません。

pixabay.com
記事に関するお問い合わせ