無料の会員登録をすると
お気に入りができます

外国ではすでに常識!?『朝ベジファースト』で食べて痩せる朝習慣♡

もうすぐ水着になる機会も増える夏がやってきます。痩せたいけれど、おいしいものを食べたい。そんな葛藤に悩む女性のために、おいしく食べて痩せる「朝ベジファースト」習慣をご紹介します。

2017年5月
美容

“食べて痩せる”からストレスも最小限

お肌の露出が増えてくるこの季節、痩せてスマートになりたいと思うのは、女性として自然な感情。でも、食べたい気持ちをガマンしてばかりいると、それはストレスになってきます。

そこで、すでにNYをはじめ外国の女性の間ですでに普及してきているのが「朝ベジファースト」。食べる順序に着眼して、ヤセ体質を目指すだけでなく生活習慣を予防できる朝習慣です。

食べる順序に注目!

「朝ベジファースト」は、寝起きで体が絶食状態にある朝に、身体によいフルーツやお野菜、雑穀などを積極的に摂取するというもの。

買い置きしているお野菜も、時間がある時にカットさえしておけば、あとは混ぜたり盛ったりするだけでいいので時短にもつながります。ランチやディナーはお肉やパスタなど、お好きなものを食べてOK!

「朝ベジファースト」のメリットは?

気になるメリットは?たくさんある中から代表的なものをご紹介します。

①血糖値の上昇を抑える

Photo by Brooke Lark / Unsplash

お野菜やフルーツがメインとなる低カロリーかつ高タンパクな食事は、脂肪を蓄える原因になる血糖値の上昇を抑える効果があります。ダイエッターさんにはとてもありがたいですよね!

➁食べ過ぎ防止

Pin it
ピンもと: helendetox.org
71

実はサラダは意外と噛む力を必要とします。しっかりと噛んで食べることで満腹感が増し、必要以上に食べることを防いでくれるんです♡

③脳や体を活性化する

www.pexels.com

寝起きで体が目覚めていないのに、時間がないからと朝食を抜いてはダイエットにもお仕事にも逆効果!栄養バランスの整った朝食は、身体の代謝を進め、脳や体を活性化してくれます。

摂取したいおすすめ食材

朝ベジファーストでは、お野菜をメインとした低カロリーの食材がよく使われます。

アボカドやトマトなどおすすめ食材をはじめ、お好みのお野菜や冷蔵庫に眠っているお野菜やフルーツを使ってもOK。

お野菜やフルーツの他には、雑穀や玄米、キヌアのほか、少しお肉を足したい時には蒸し鶏もいいですね。卵やチーズ、大豆製品やタコスもおすすめの食材です。

「朝ベジ」に最適のレシピって?

おすすめ食材を使って作るのは、朝に最適な時短レシピ。彩りもいいので、食欲もわきますよ。

1.パワーサラダ

Tomato salad.
カプレーゼに見せかけてカブとトマトのサラダ。
ささっと作りました。大きな黄色いトマトがあったのでそれを使えたのでいい感じになりました。これからますますトマトが美味しい季節ですね〜!
.
#powersalad #パワーサラダ
instagram.com

パワーサラダとは、野菜、フルーツ、タンパク質素材をたっぷり盛り付けたもの。必要となる栄養素をバランス良く補給できるサラダです。きれいに盛り付けたら、お好きなドレッシングで召し上がれ。

2.ブッダボウル

#buddhabowl #ブッタボウル

今海外で爆発的ブームなブッタボウル♡
たんぱく質、穀物、野菜を盛り付けるだけ♡ ”食べて綺麗になる”新ヘルシーフード♡ ■ブッタボウルについて詳しくはsignにコラムあっぷ致しました♡是非checkしてみて下さい♡魅力的なレシピが沢山ですよ♡

昨夜は自分の分だけで良かったので、ブッタボウルをメインに作りました♡

#food#organic#healthyfood#yummy#salad#superfood#もち麦#玄米#寝かせ玄米#酵素#abokado#cooking #
instagram.com

ブッダボウルは、炊いた雑穀の上にお野菜や大豆製品などをのせドレッシングをかけ、丼感覚でいただくお料理。お味はもちろん、食感や華やかな見た目も楽しめるのも魅力です。

3.スムージー

座ってお食事する時間がない方は、お野菜やフルーツ、ヨーグルトをミキサーにかけたスムージーがおすすめ。お野菜やフルーツは1回分ずつ冷凍しておくと便利ですよ。

4.フムス(ひよこ豆のペースト)

cookpad.com

フムスとはひよこ豆のペーストで、中東の代表的な前菜レシピです。朝ベジファースト以外にも、マヨネーズ代わりにしたり、トッピングやディップにしたりと、色々活躍しますよ。

フムス(ヒヨコ豆のペースト)

昼食は細かくカット&よく噛むのがコツ

朝にたっぷりお野菜やフルーツを摂ったら、お昼はステーキなどお肉を食べても大丈夫。ただし、朝ベジファーストを活かすちょっとしたポイントがあります。

それは、食材をできるだけ細かくして、よく噛んで食べること。

時間をかけて食べることで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防いでくれます。根気よく続けて、習慣になってしまえばしめたもの♡

おいしく食べながら効果的に痩せる!

食べることに満足感を得ながらヤセ体質を目指せる「朝ベジファースト」。普段のお食事でも、メインのお肉を食べる前にお野菜を食べたりと、ベジファースト習慣は使えるのでぜひお試しくださいね。

NYスタイルの休日ブランチ♡一皿でお腹いっぱい「サラダボウル」バリエ12

おいしいモノをお腹いっぱい食べたい!誰しもそう思いますよね。でもカロリーが気になるし…実際は我慢したり食べ過ぎて後悔したりしている人も多いのではないでしょうか。そこで提案です。お腹いっぱい食べることができてヘルシーな「サラダボウル」はいかがですか?
2411
記事に関するお問い合わせ