無料の会員登録をすると
お気に入りができます

暑い日に着けても快適♡夏にぴったりの「ブレスレット」の作り方7選

薄着のシーズンになると、手元を華やかにしてくれる「ブレスレット」が活躍しますよね。とは言え、素材やデザインによっては汗をかきやすくなるので、蒸れて外したくなってしまいませんか?そこで今回は、夏でも快適に着けられるブレスレットの作り方をご紹介します♡

2017年6月
DIY

夏らしいブレスレットが欲しい♡

暑くなって腕を見せる機会が増えると、手元のお洒落が楽しくなりますよね。手作りの夏らしいブレスレットがあると、いつものコーデがさらに垢抜けて見えますよ。早速作り方をチェックしてみましょう。

①ナチュラル素材で涼しげに

段ボールの切れ端を使うと簡単♡

Media?size=l
instagram.com

複雑に編み込まれたブレスレットは、作るのが難しそうに見えますよね。しかし段ボールの切れ端を使えば、とっても簡単なんです。まずはコットン紐など、お好みの紐を40㎝ずつ7本用意してくださいね。

お皿などをなぞって丸くカットした段ボールの中心に穴をあけて、8か所切れ込みを入れましょう。7本の紐を切れ込みに1本ずつ差し込み、0:40~のように位置をずらしていくだけで編み目ができあがります。

②プールでも手元を可愛くしたい♡

シリコンバンドなら濡れても平気!

idunngoddess.com

水に濡れても平気なアクセは、夏のアウトドアイベントで重宝しますよね。海外で人気のおもちゃ「ファンルーム」を使って、シリコンバンドのブレスレットを作ってみましょう。

ファンルーム バンドアソート スタンダードカラー

¥ 680

ファンルームを本格的に楽しむためにはセットが必要ですが、フォークや指を使って編むのならシリコンバンドだけを用意すればOK!ブルーやレッドなどベーシックな色が入ったこちらのセットのほか、パステルやクリアカラーもありますよ。

商品詳細
ファンルーム バンドアソート スタンダードカラー
www.hanayamatoys.co.jp
商品詳細

2色のシリコンバンドを19本ずつ用意したら、動画を見ながら編んでみてくださいね。八の字になるようにフォークにバンドを通し、かぎ針などに引っ掛けて向きを変えるのが基本のやり方です。

③高見えするバングルは樹脂粘土で

100均アイテムだけで作れる♡

www.etsy.com

しっかりして丈夫なバングルを作りたいときに便利なのが、樹脂粘土。しかも粘土もニスも100均で手に入るので、見た目よりもずっとプチプラなんです。同じ作り方で、お揃いの指輪を作っても可愛いですよ。

6色の粘土で動画のように模様を作り、土台となる粘土に重ねます。端をカットして形を整えたら、空き缶などに巻きつけましょう。パッケージ通りの時間と温度で焼いてから冷まし、ニスを塗ればできあがりです。

④お洒落で快適な幾何学風バングル

肌に触れる部分が少ないから快適♡

creon-diy.jp

9ピンを組み合わせたバングルは、肌に触れる部分が少ないので夏でも不快感ゼロ!大きめパールのほか、お好きなチャームでアレンジしてみてはいかがでしょう?

幾何学バングルの作り方

⑤話題のTシャツヤーンでアクセ作り

シュシュにしても可愛い♡

creon-diy.jp

大人気の「Tシャツヤーン」を使って、可愛いブレスレットを作ってみませんか?ヘアアクセにしても可愛いですよ。

Tシャツヤーンシュシュの作り方

ダイソー新作「Tシャツヤーンフラワー」でオシャレな春小物をDIY♡

ダイソーのTシャツヤーンから新カラーが登場しました。なかでも花柄の「Tシャツヤーンフラワー」が可愛いと人気です。今春は、花柄Tシャツヤーンでオシャレな小物作りに挑戦してみましょう!
4692

⑥チェーンで繋げるだけで完成!

夏らしいモチーフをブレスレットに

creon-diy.jp

夏になると気になるのが、ターコイズやシェルなどを使ったアクセサリー。チェーンで繋げれば、夏らしさ満点のブレスレットができあがります。

ターコイズ雫ブレスレットの作り方

⑦パワーストーンを夏アクセに

ゴールドを合わせると上品♡

creon-diy.jp

カジュアルな印象が強いパワーストーンのブレスレットも、ゴールドを合わせると上品な雰囲気に。全てのパーツにテグスを通すだけなので、あっという間に作れますよ。

ラピスラズリブレスレットの作り方

ずっと着けていても快適♡

夏は汗でべたついてしまうので、通気性があるものでないと長時間着けるのは難しいですよね。今回ご紹介したものはどれも快適なので、ぜひ作ってみてください♡

記事に関するお問い合わせ