無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬を留守番させる時に絶対忘れてはいけない5つのこと

犬はひとりぼっちになると孤独や不安を感じやすい動物であることや、留守番中は飼い主さんの目が届かないということもあり、お留守番を任せる際には事前に確認したいことがいくつかあります。できるだけ快適で安全にお留守番ができるように、愛犬の「お留守番環境」を整えましょう。今回は【愛犬のお留守番のチェック項目】を5つ解説いたします。

ペット

1.お部屋の安全確認

飼い主さんの不在中に、愛犬に危険があると大変です。まずは「愛犬が過ごすお部屋の安全確認」を行いましょう。

・誤食しそうなものは落ちてないか
・ゴミ箱の中に焼き鳥串などが入っていないか
・人間のお菓子を出しっぱなしにしていないか
・電気コードを噛まれる心配はないか

など、あらゆる「万が一」を想定して入念にチェックしましょう。

ゴミ箱は安全?

飼い主さんの姿が見えなくなるとゴミ箱をあさってしまう、という子も少なくありません。焼き鳥の串やつまようじのように鋭いものを誤食すると大変危険です。

ゴミ箱に愛犬にとって危険な物が入っていないか、ゴミ箱の蓋を愛犬が開けられないようになっているかなどを確認しましょう。

電気コードで感電の危険も

歯が抜け替わる時期の子犬の場合、歯がグラグラするのが気になってあらゆるものを噛みたがることがあります。子犬でなくても様々なものに興味津々の犬もかじりかねません。通電中の電気コードを噛んでしまうと感電する危険がありますので、愛犬がいじれないようにする工夫が必要です。

2.室温の確認

飼い主さんが不在の間は室温の管理ができませんので、室温を快適に保ってあげる工夫が必要です。外に出られる窓を網戸にしてしまうと脱走の危険がありますし、飼い主さんの不在中は防犯の面からも網戸はリスクが高いでしょう。

留守中の室温管理の方法は

・羽がなく転倒しにくい安全タイプの扇風機等
・ひんやりマットや水を入れた湯たんぽなどの接触系
・エアコンをつけっぱなしにする

などが考えられます。

サーキュレーターや扇風機をつけっぱなしにすると、万が一転倒した際の心配が残ります。外気温や湿度が快適な季節は接触系のアイテムでも対応できますが、夏場はエアコンでの室温湿度管理が最も安心でしょう。

エアコンはつけっぱなしも想定して作られていますし、愛犬の手も届かないので扇風機よりも安心度は高めです。

エアコンの中には人感センサー付きのものがあります。人感センサー付きの場合、人の動きが感じられなくなると自動的に節電モードになり、思っている以上に涼しくないという結果になることもあります。人感センサーは切っておきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ