無料の会員登録をすると
お気に入りができます

サイズダウンも夢じゃない♡お尻痩せには“4の字ストレッチ”が効くんです!

キュッと引き締まってプリッと形の良いヒップラインを目指すなら、4の字ストレッチを実践してみましょう!毎日続ければ洋服のサイズダウンも実現できるかも♡

2017年5月
美容

小さくて丸みのあるお尻になりたい!

大きいのも形が悪いのも嫌!どうにかしたい

デニムパンツやスキニーパンツをかっこよく履きこなすためには、とにかくキュッと引き締まってプリッと丸みのある形の良いお尻の存在が大切!

ロカリ読者の方の中には「お尻が大きい」「ペチャッと形が悪い」とお尻に関する悩みを持っている人も少なくないのではないでしょうか?

お尻には“4の字”ストレッチが効くんです♡

そこで今回はヒップアップしながら丸みのある小尻を作り出す「4の字(Figure Four)ストレッチ」と呼ばれるメソッドを基本と2つの応用に分けてご紹介いたします。

デニムパンツも水着もかっこよく着こなすお尻を目指して、ぜひあなたもチャレンジしてみませんか?

ごろ寝でOK!基本の4の字ストレッチ

呼吸を整え、足を90度に曲げて組もう!

基本の4の字ストレッチは特別な道具を必要とせず、ごろ寝状態で実践できます。

まずは写真のように床に仰向けに寝転び、片足を直角に曲げたらもう片方の足を組むようにして太ももの上に載せ、そのまま両手で支柱となる足を抱えるようにして持ちます。

www.self.com

呼吸の整えたら、ゆっくりと足を手前に引き寄せるように力を入れましょう。そのまま30秒キープして反対側も同様にストレッチします。

太ももからお尻をしっかりストレッチ

なおこの4の字ストレッチでは、太ももの裏側からヒップの外側をしっかり鍛えられるので、ヒップアップとシェイプアップの両方が期待できますよ。

www.self.com

寝る前にベットで簡単に実践できて体への負担が少ないのも嬉しいポイント。ぜひ左右それぞれ30秒ずつ毎日続けて実践してみましょう!

応用①:立ったまま実践してみよう

体幹トレーニングとしても効果大!

寝転んだまま行う4の字ストレッチに慣れてきたら、次は立ったまま行う方法を実践してみましょう。

www.webefit.com

写真のように姿勢よく立って足を組んだら、あとはひざを少し曲げて姿勢をキープするだけ。バランスをとることで自然とインナーマッスルが鍛えられ、体幹トレーニングとしての効果も期待できます。

応用②:スクワットも取り入れてみよう

お尻と太ももを同時に鍛えよう

立ったまま4の字ストレッチでバランスが取れるようになれば、最後はより運動強度の高いスクワットを実践してみましょう!

写真左のように立ったままの4の字ストレッチの状態からひざを曲げて腰を落としたら、ゆっくり元の姿勢に戻ります。ここまでを1セットとして左右5~10セット実践してみましょう。

腹筋背筋を意識して実践しよう

4の字スクワットでは、支柱になるひざを前に突き出さないことが大切。

腹筋と背筋に力を入れてしっかり体を支えてくださいね。余裕があれば、動画のようにダンベルを持って負荷をあげてもOKです。

これで夏の準備は完璧!

キュッと引き締めて形の良いお尻メイクに役立つ4の字ストレッチは、今すぐ始めるのがベスト!

Pin it
ピンもと: luvtolook.net
4

ぜひ毎日続けて後ろ姿美人を目指しちゃいましょう!

記事に関するお問い合わせ