無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それを言ったらおしまいです! 彼に言ってはいけないセリフ6選

言いたいことを我慢してばかりではストレス溜まってしまいますが、何を言っても良いというわけではありません。女性にとっては何気ない一言なのに、男性をイラッとさせたり、傷つけたりしてしまう言葉もあるんです。

2017年6月
恋愛・結婚

それだけは言わないで!

普通の会話をしていたつもりなのに、何故か彼が機嫌を損ねてしまった...という経験はありませんか?女性同士ではOKでも、男性を傷つけてしまう言葉もあるんです。ここではその言葉を6つご紹介します。

①「次はいつ会えるの?」

おひとりさま時間も大切に

男性は追われるよりも追う方が好きとよく言われますが、付き合ってからもそれは同じです。「次はいつ会える?」「どうして電話してくれないの?」としつこく聞いていると、彼の気持ちは少しずつ冷めてしまいます。

彼のことが大好きで長く付き合っていきたいのなら、自分の時間を充実させなければいけません。趣味に打ち込んだり、友人や家族と過ごす時間も大切にしてくださいね。

②「元彼達の中であなたが一番」

他の男性と比較するのはNG

「過去には辛い思いをしたけれど、今の彼と出会えて本当に幸せ」と思えるのは素晴らしいこと。女友達にそうやってノロけるのは普通ですよね。しかし彼には、元彼のことを悪く言うのは止めておきましょう。

元彼への批判は、自分は男性を見る目がなくてダメ男ばかりと付き合ってきたと言っているようなもの。彼のことを褒めているつもりでも、「自分もその中の1人ってこと?」と思われてしまうこともあるんです。

③「どうでもいい」

どんな感情も受け止めてあげて

少し意見が合わなくて言い争いになりそうになると、「どうでもいいよ」の一言で終わらせようとしていませんか?確かに大喧嘩をして傷つくぐらいなら、適当なところで妥協しておきたいですよね。

しかし愛情というのはラブラブなときだけでなく、怒りなどのネガティブな感情もきちんと受け止めてあげることで生まれます。相手がその気なら、とことん話し合いに付き合ってあげてくださいね。

④「たかが仕事でしょ」

プライドを傷つけない言い方が◎

彼が仕事で失敗して落ち込んでいたら、何とか励まして笑顔になって欲しいと思いますよね。「たかが仕事のことでそこまで悩むことはないよ」と言いたくなることもあるかもしれません。

しかし多くの男性は仕事に誇りを持っているので、「たかが仕事」と軽く言われると不快に感じることもあります。「次はきっと上手くいくよ」など、優しく声をかけてあげる方が良いようですよ。

⑤「自分でできるから大丈夫」

甘え上手でもっと仲良しに♡

例えば重い荷物を彼が持ってくれようとしたとき、「自分で持てるから大丈夫」と言っていませんか?全然重くないのにと思うかもしれませんが、このシチュエーションでは素直に甘えておきましょう。

この彼の何気ない言動には、あなたへの気遣いと男らしさをアピールしたいという2つの意味が含まれています。素直にお願いして相手を立てておく方が、円満な関係を築きやすくなりますよ。

⑥彼の収入に関すること全般

喧嘩の原因になるだけ!

特に同棲していると、彼の収入がもう少し多ければ...と思ってしまうときもありますよね。しかしあなたが何か言ったことで、彼がお給料の高い職場に転職したり起業できるわけではありません。

ほとんどの場合、収入に関する話は2人にとってプラスになるような結論を導いてはくれないでしょう。節約に関しては話し合っておくべきですが、お給料の話はやめておくべきです。

相手の気持ちに寄り添って♡

自分は気遣っているつもりなのに彼がムッとすると、悲しくなってしまいますよね。しかし男女の考え方はかなり違うので、自分の意図がそのまま伝わると期待し過ぎない方がいいんです。

まずは励ましたり気が利くことを言おうとするよりも、相手の今の気持ちに寄り添うことを心がけてみてください。そして常に素直に感謝の気持ちを伝えていれば、今よりもっと深く理解し合える関係になりますよ。

記事に関するお問い合わせ