無料の会員登録をすると
お気に入りができます

映え目的より、雰囲気で選びたい。元銭湯をリノベしたカフェ「レボン快哉湯」で至福の時間を過ごしてみない?

旅行・おでかけ

キラキラした店内や、カラフルなドリンク。そんな映えるカフェも素敵だけれど、お店の雰囲気や居心地のいい空間づくりを大切にしているお店もすてきですよね。

安田さんによると、この街の魅力は「景観」。おしゃれなスポットやカフェはまだ少ないけれど、下町の雰囲気や昔ながらの風景、そして自然を楽しめるこの景観がおすすめだといいます。

店舗で自家焙煎されたコーヒー豆は、店舗で購入することも可能。おうちでも絶品コーヒーを味わえちゃいます♡

近々オンラインで販売開始されるそうなので、気になる方はSNSで最新情報をチェックしてくださいね。

rebon Kaisaiyuで懐かしい気分にひたってみる?

浅草や谷根千などの影に隠れがちですが、根岸・入谷は実は街歩きが楽しいエリア。

rebon Kaisaiyuのほかにも銭湯や老舗喫茶店、また2020年にオープンしたばかりの「LANDABOUT TOKYO」など見所が満載です。

LANDABOUT TOKYO

今度のおやすみには、rebon Kaisaiyuを基点にこの街の魅力を探ってみませんか?

店名:rebon Kaisaiyu(レボン快哉湯)
住所:〒110-0004​ 東京都台東区下谷2-17-11
営業時間:平日12:00~19:00、土日祝10:00〜19:00
定休日:不定休

公式サイト:https://www.rebon.jp/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ