無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美しく痩せるために♡「大人の太りグセ」を改めるチェック項目6選

ダイエットするなら、健康的に美しく痩せたいと思いませんか?効果的に痩せるためには、ちょっとした「太りグセ」を見直す必要があります。今すぐ改善すべきポイントをご紹介します。

2017年5月
美容

思ったほど落ちないのはなぜ?

夏を前に、いつもより一層ダイエットに励む方が増えてきているようです。食べる量を減らしたりストレッチや運動をがんばっているのに、思ったほど効果が出ず悩んでいませんか?

それはもしかしたら、「太りグセ」が身についてしまっているからかもしれません。年齢に応じたダイエットを行うことが、健康的に痩せるには不可欠です。

そこで、つい無意識に行っている太りグセを改善するためのチェック項目を用意しました。夏までに健康的に痩せたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

①カロリーより必要な栄養素重視

ダイエットで多い過ちが「カロリー」に依存してしまうこと。カロリー数だけを気にして、食べる量を減らせばいいと思っている方が意外と多いようです。

年齢とともに代謝機能は減っていきます。ただ食べる量だけ減らして、美肌や健康に必要な栄養素を十分に摂取できなければ肌や髪のツヤも減少し、きれいなラインで痩せることは難しくなります。

自分に必要な栄養素を積極的に摂取

必要なのは、自分に必要な栄養素と摂取量を知ること。

www.pexels.com

糖質を少な目にしつつ、食物繊維やミネラル、ビタミンなどが豊富な食材で調理されたお料理をいただけば効果はかなり変わってきます。必要であればサプリメントの力も借りながら、過不足無く摂取しましょう。

一生太らない!?常備菜ダイエット厳選レシピ16選♡

肥満の原因は、カロリー過多、野菜不足、パンやお菓子などの間食にあります。ヘルシーな常備菜を味方にすれば、綺麗に痩せることができ、一生太ることもなくなるかも!ここでは簡単で身体に優しい常備菜レシピをご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。
17995

夏までにキレイに痩せる!「ヘルシー作り置きおかず」20選

雑誌やSNSで特集されることの多い「作り置きおかず」。時短&節約になるので実践している人も多いですよね。今回は、夏までにキレイになりたい人必見!ダイエットに効果的でヘルシーな「作り置きおかず」をご紹介します。
16370

➁体形カバーアイテムはほどほどに

今季は例年になく、ビッグシルエットやサイズのアイテムが流行しており、おしゃれに着こなしている方も多いですよね。

ただ、体形を隠してくれるアイテムを毎日着続けていると、自分の体形の変化に気づきにくくなる傾向があります。時おり、身体にフィットする洋服に身を包むことで、サイズの変化にも気づきやすくなりますよ。

スキニージーンズでチェック!

そこでおすすめなのが、脚のラインにフィットしたデザインのスキニージーンズ。

時々スキニージーンズを履き、全体のラインをチェックしてみませんか?スリムラインのアイテムを敢えてコーデに組み込むことによって、「痩せたい」という意識も触発されます。

1日で太ももにすきまも♡ 超簡単な「足パカダイエット」で美脚計画♡

簡単に効果が出ると話題の「足パカダイエット」をご存知ですか? 1日で太ももにすきまができることもあるというダイエットは気になる太ももをスリムにしてくれる救世主♡ 早速あなたもその効果を実感してみませんか?
51587

③どこを絞りたいかを見極める

スリムになりたい気持ちはあるのに、忙しい毎日の中でつい鏡を見る習慣を忘れている方も結構多いようです。

朝、メイクをする時だけ鏡をのぞくのではなく、1日に一度は、鏡で服を脱いだ状態の全身を見る習慣を。朝、着替える前でもお風呂に入る前でも、都合のいい時でかまいません。毎日続けることに意味があるんです。

お風呂上りにマッサージ

鏡で全身をチェックしていると、引き締めたり絞るべき場所がわかってきます。

できるだけ無駄な時間と労力は省き、バストなど残したい部分は残したまま、気になる部分だけシェイプアップするよう心がけてみましょう。お風呂上りにリフレッシュを兼ねてマッサージするのもおすすめです。

④「もったいないから」は逆効果

食事は、おしゃれや美容と同じく、女性の大きな楽しみですよね!ただ、楽しみ方にもコツがあります。

無料クーポンや割引クーポンを使い切りたいからと、つい食べ過ぎてしまうと後で後悔する結果になることも。使うべきクーポンだけ厳選して、あとは潔く捨てる勇気も必要です。

お野菜や汁物を先に頂く習慣を

つい食べ過ぎてしまいがちな、ビュッフェやパーティスタイルの食事の際はどうすればいいのでしょうか?

スープなど汁物を先にいただくと、胃が適度に満たされその後の食べ過ぎを防止できます。また、お野菜を食べることで、血糖値の上昇を抑えて空腹感も感じにくくなってきます。腹八分目で終わることも忘れずに♡

⑤「ながら食べ」をやめる

パソコンを操作しながら、あるいはテレビを見ながらの「ながら食べ」も、スリムになりたい方にとっては不利な習慣です。

無意識のうちにつまんでいることが多いので摂取量を制限しにくいほか、食べやすいスナック菓子など、カロリーの高いものを食べる傾向が大きいのも理由の1つです。

どうしても欲しいならナッツがおすすめ

もし何かをつまみたいなら、栄養素が高くお腹の満足度も得られるミックスナッツがおすすめです。

アーモンドやクルミ、ジャイアントコーンやピーナッツなど、いろんな種類のナッツがはいったミックスナッツを、1日あたり25gを目安に摂取してみて。無塩かつ素焼きのものなら、なおベターです。

⑥夕食や夜食は夜10時まで

夜10時以降の食事は太る、とよく言われていますが、それは夜10時以降に食べたものは脂肪として蓄えられやすいから。

できれば夜9時までに、脂肪や糖質が控えめの食事をとっておくことが理想的です。お仕事などで夕食が遅くなりそうなときは、お豆腐やスープなど、胃腸に負担がかからず脂質も低めのものを。

お夜食はヨーグルトやホットドリンクが◎

夜10時までなら、小腹がすいた時はお夜食もOK!

体のことを考えるなら、低脂肪のヨーグルトや、ホットミルクやチャイ、ハーブティーなどのホットドリンクがおすすめです。体を温めることで、安眠効果も得られ一石二鳥!

楽して痩せたいなら食べるべし♡ホットヨーグルトがすごい!

美容にもダイエットにもよいと注目されている「ホットヨーグルト」ってご存知ですか?おいしくて簡単にストレスなく続けられちゃうのに、嬉しい効果もいっぱいなので、ずぼらさんにはおすすめですよ♡
5438

「美習慣」で健康的に痩せる♡

ただスリムになるだけではなく、美肌やメリハリも考えてダイエットを成功させたいですよね!生活習慣を見直して、できる範囲からはじめてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ