無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[京都]自転車で巡るおすすめ観光コース。サイクリングツアーのプロが教えます!

公共交通機関に頼らず、京都の街をめぐるのにぴったりな自転車。サイクリングツアーのプロであるレンタサイクルとサイクリングツアーのショップ〈The Good Day Velo〉店主の石原直樹さんに、古都でのライドのとっておきの楽しみ方を教えてもらいました。

旅行・おでかけ

美しい青柳が揺れ、しっとりと古都らしい風情が漂う白川疎水。朝一番、街が目覚める前に走り出せば、こんな眺めも独り占め。

「10km四方に主要な名所が収まるサイズ感で、アップダウンが少ない京都の街は、自転車ととても相性がいいんです」と話すのは、レンタサイクルとサイクリングツアーのショップ〈The Good Day Velo〉店主の石原直樹さん。古都でのライドを楽しむポイントを聞いた。

【Course#1】本来の京都の風景を楽しめるコース

まず、サイクリングに適した時間帯。昼間は交通量が増える上、今の時期は気温もまだ高いので、できれば朝早いうちに出発したい。名所を訪れる観光客もまばらで、スムーズに走ることができる。「3〜4時間かけて走るうちに、街が少しずつ動き始める様子も楽しいですよ」コースで特に人気なのが、八坂の塔や平安神宮、南禅寺といった観光スポットが集中する東山エリア。単に目的地へ移動するだけでなく、道中の路地裏などで京情緒あふれるシーンと出会えるのもうれしい。

鴨川沿いを南下してから東山エリアへ。前半で花街や寺社といった京都らしいスポットをめぐり、後半は吉田山界隈など観光でなかなか通らない道を走る。清々しい早朝の空気の中、歴史の重みが伝わる名所と何気ない普段着の街並み、両方を肌で感じられる一番人気のコース。全長約24km、所要4時間程度。

Ishihara’s Recommend!「静かな名所を堪能できます。」

宮川町(花街)

白川疎水

平安神宮

哲学の道

人気の観光スポットである花街も、早朝は静かでライドもスムーズ。平安神宮正面の大鳥居をくぐって走る体験は圧巻です!

【Course#2】鴨川の心地いい風を感じるコース

街の中央に位置する広大なオアシス・京都御苑も自転車OK。豊かな緑を感じながらのんびりと走りたい。市内を南北に流れる鴨川の遊歩道も、格好のサイクリングコース。車が通らないからストレスフリーだし、遠くの山々と川が織りなす京都ならではの風景を満喫できる。ツアーなら先導付きで道に迷う心配もなく、景色を存分に楽しめる。バスやタクシーとはまた違うスピードと目線で、「街とつながる」感覚が自転車の魅力だ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ