無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洗ったばかりなのに気になる洗濯物のイヤ~なニオイ。解決するには洗剤選びが重要!

インテリア

毎日がんばって洗濯しているのに、生乾き臭や部屋干し臭、汗臭など、なんだかニオイが気になること、ありませんか!?

実はこれ、多くの人が抱えているお悩みなんです。どうしたら気にならなくなるの!?

屋外で働く人の約8割が気にする「自分の汗のニオイ」。しかも朝から!?

2020年の夏は、長梅雨、猛暑、残暑が続き、昨年より汗をかく日が多かった気がしませんか? ライオン株式会社の調査(※1)によると、2020年の夏、屋外で働く人の5割以上が「例年以上に汗をかいている」と回答しました。ということは、汗やニオイに関する悩みも多かったことが伺えます。

また、屋外で働く人の8割近くが「仕事中に汗のニオイがしないか」を気にしており、朝・午前中には、すでに自分の汗のニオイが気になっている人が半数近くにものぼることがわかりました。

清潔な衣類を着て出勤したばかりの午前中になぜ!? 「洗濯ハカセ」としてテレビや雑誌でもおなじみの神崎健輔さんに聞いてみました。

「朝からニオイが気になるのは、洗濯で落としきれずに残っていた皮脂汚れが発汗によって雑菌が繁殖しニオイを放っている状態。夕方にかけて気にする人が増えるのは、汗や体温など適度な環境が維持されることで雑菌が増殖し、さらにニオイを放ちやすい環境になるからです。」

洗濯したばかりの衣類ってきれいだと思っていましたが、雑菌や汚れは残っているんですね…!

そんな汗臭を対策するには、つけおき洗いが効果的だそうです。

「人肌の温度と同じ程度の40℃前後のお湯を使うことで汚れ落ちがよくなります。人の肌と同じ程度の温度は、皮脂汚れが溶け出す温度でもあるため、洗濯の際に一時的にその温度でつけおきしてから洗うことで、実際の洗濯時の汚れ落ちをワンランクアップしてくれます。特に、白い衣類やシャツなどで肌がこすれて皮脂汚れがびっしり付着するような場合におすすめですよ」。

※1 「仕事と汗と洗濯に関する調査」。実施時期:2020年7月23日~28日、調査手法:ホームユースweb調査、調査対象:自分または配偶者など同居家族が屋外で働いており、回答者が「週1回以上」洗濯をする172家庭(内訳:屋外で働いている本人が回答82人、屋外で働いている人の家族が回答90人)。

部屋干しの回数が増えて「生乾き臭」「部屋干し臭」「汗臭」などのニオイ問題が発生!

2020年はコロナを意識した生活が定番となり、自粛生活中には衣服についたウイルスを気にして洗濯する回数が増えたともいわれています。

今回の調査で「今年の洗濯で増えたこと」を聞いたところ、最も多かったのは、「部屋干しの回数」。そして、多くの人が、生乾き臭、部屋干し臭、汗臭といったニオイ問題を気にしていることもわかりました。

神崎さんによると、「最近は機能性インナーを着用する人も多いと思いますが、このニオイも気になるところ。繰り返し使えば使うほど、汚れが目詰まりしてニオイやすくなる傾向にあるかと思います。また、化学繊維系の衣類に関しては、劣化することで化学繊維自体が吸着していたニオイが表れてきたりするんですよ」。

汗や皮脂汚ればかりでなく、衣類に残っている雑菌や汚れが生乾き臭や部屋干し臭の原因にもなるなんて知りませんでした!

気になるニオイ専用の衣料用洗剤でスッキリ! ニオイ菌の増殖や洗濯槽の菌・カビも防ぐ

このような洗濯に関するニオイ悩みにおすすめなのが、2019年7月「NANOX」ブランドから誕生した「トップ スーパー NANOX ニオイ専用」。消臭科学から生まれたニオイ専用の衣料用液体高濃度洗剤で、これ1本で、働く人の多くが気にする汗臭をはじめ、部屋干し臭、生乾き臭、加齢臭、ぺット臭の「5大ニオイ汚れ」を全部無臭化洗浄(※2)し、ニオイ悩みを解決してくれます。

「トップ スーパー NANOX ニオイ専用」
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ