無料の会員登録をすると
お気に入りができます

縦長1LDKのレイアウト実例!テレビやテーブルの上手な配置の仕方は?

インテリア

1LDKのお部屋はリビングとダイニングが連結していて使いやすい構造。特に縦長の1LDKは家具の配置がしやすく、賃貸物件でもよく見る間取りです。

小さな作業机やソファなどをコーディネートすると使いやすいです。

朝はキッチン、家事が終わったら趣味のスペースへと人の動線が作れる縦長レイアウトです。

ソファの裏に本棚をはめ込むインテリア

縦長1LDKの部屋で収納がたっぷり欲しい方におすすめなレイアウト。

長辺の壁沿いに棚を配置し、さらにソファの裏側に本棚をはめ込むというテクニックです。

単独で置くと場所をとる本棚も、ソファに一体化しているので部屋が狭く感じません。

縦長1LDKらしく、本棚も縦にレイアウトするのがコツです。

縦長1LDKのレイアウト実例〈小物〉

賃貸の縦長1LDKでもできる小さな飾り棚

スペースを取らない小物のレイアウトがこちら。壁に小さな飾り棚を取り付け、小物をディスプレイします。

賃貸で部屋をおしゃれにコーディネートしづらいと思っている方におすすめ。飾り棚は金属フレームのものを選ぶと丈夫です。

壁に穴を開けない棚もあるので賃貸でも簡単に取り付けられます。

縦長1LDKのお部屋では、壁の面積が大きい長辺のどこかにレイアウトすると良いでしょう。

全体にグリーンを散りばめるインテリア

縦長1LDKの全体にグリーンの鉢植えを散りばめるインテリアコーディネート。

長辺に窓がある1LDKなら日当たりも良く、グリーンの生育にも良いですね。

短辺に置くと縦長な部屋の幅が広く見える効果があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ