無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[秋冬新作]ピンクニュアンスを重ねて垢抜け眉に♡ ちふれから初のアイブローパウダーが登場!

メイク

顔の印象を左右する「眉」は、メイクのなかでも特に大切なパーツ。最近は、ふんわりソフトな立体眉がトレンドだが、実際はどうやってメイクをしたらいいのだろう……と悩んでいる人も多いのでは?そこで今回は、順に色を重ねるだけで簡単にふんわり眉がつくれる『ちふれ アイブロー パウダー』をご紹介! 同日発売の『ちふれ アイブロー マスカラ』との合わせ使いで、ふんわり立体眉メイクに挑戦してみた。

まずは、アイブローパウダーから。今回は、ピンク系のニュアンスカラーが入った「PK10」をおためし。

太いブラシに真ん中のナチュラルカラーを適量とり、眉頭から眉山に向かってアーチを描くように色をのせていく。ブラシは肌触りが良く、やさしい塗り心地。粉含みも抜群で、何度も色をとらなくても、きれいなライトブラウンに染め上げることができた。

つづいて、一番下にあるダークカラーを細いブラシにとり、眉山から眉尻に向かって細く描いてゆく。毛先が斜めにカットされていて、仕上がりに差が出やすい眉尻部分もきれいに描くことができた。

仕上げに、一番上のニュアンスカラーを太いブラシにとり、眉毛全体になじませていく。

トレンド感のあるふんわり眉が完成!顔色がパッと明るくなり、可愛らしい印象に。ニュアンスカラーのピンクが悪目立ちすることもなく、ナチュラルに溶け込んでいる。

最後に、アイブローマスカラ(BR20)で眉色を整えたら、よりしっかりと色づいた眉に。

ダマっぽさもなく、きれいなふんわり垢抜け眉に仕上げることができた。

アイブローパウダー「GR30」の色味は?

右からPK10、GR30

カーキカラーをニュアンス使いする「GR30」は、「PK10」に比べるとより大人っぽい印象。落ち着いた雰囲気に仕上がるので、髪色が暗めの人や黒髪の人に特におすすめのカラーだ。

パレットひとつでふんわり美眉が叶う! ちふれのアイブローアイテムで秋冬の眉メイクはばっちり

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ