無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[プロ直伝]毎日できる二重あご解消10秒セルフケア

楽しかった笑顔の写真が、二重あごで写っていてびっくりしたことはありませんか?太っていないのに、笑ったり下を向いたりすると肉厚になるあご……。これって贅肉?むくみ?そんな二重あごに関する疑問を解消!二重あごができる理由と対処法を、輪郭美容家で美容整体師の先生に聞きました。

美容

教えてくれた小顔矯正のプロ

輪郭美容家・美容整体師 及川ゆりかさん

東京広尾で美容整体ルピナスを主宰。整体を軸に矯正手技を行い、その人が本来持つ美しさを引き出す輪郭美容のプロフェッショナル。モデルや女優を始め、これまでに約2万人の女性を施術。また器具や溶剤を使わない、セルフケアのアドバイスに定評がある。

ブログロゴ

ダイエットをしても、あご周りのもたつき感が取れない、写真に映った横顔にびっくりした、という経験をした方は少なくないはず。正面から見るときはそれほど感じないのに、なぜ……?それは、顔の“とある筋肉の衰え”が関係していたんです。

二重あごを気にする人がやりがちな“あの仕草”が実は二重あごの原因だった!?

写真を撮られるときや何気ないとき、二重あごに見えないように、あごを少し前に出したり、首をちょっと伸ばすようにしていませんか?実はこの仕草がクセになってしまうと、二重あごに拍車がかかってしまうんです。

二重あごになってしまう理由は、首の前側や舌の根元の筋肉が弱まり、重力に逆らえずに落ちてくること。つまりあご下の筋肉の衰えが原因なのです。

首を伸ばすクセがある方、二重あごを軽減させたい方は、今回ご紹介する方法で予防・改善することができます。習慣的にケアをして、美しい輪郭を目指しましょう。

二重あご予防・解消セルフケア

まずは、あご下の筋肉を確認

あご下に指を当てたまま「か・か・か」と言ってみましょう。

すると、あご下に力が入り、下へ向かってピクピクと動くのを感じられると思います。これは、「か」と発声する際に使われる舌の筋肉が動くため。下あごの中には、舌の根元の筋肉があることが分かります。

他にも口を開ける筋肉や、表情を作る筋肉も複雑に重なっていますが、この舌の奥の筋肉が今回のポイントとなります。

濃い赤色部分があご下の筋肉の一部(ヒューマンアナトミーアトラス2021)

①姿勢を正す

二重あご予防に大切なのは、首全体の筋肉を前後左右バランス良く使える事です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ