無料の会員登録をすると
お気に入りができます

待てないなら自分から♡ 成功率をグッと高める「逆プロポーズ」大作戦!

彼とは特に問題なくうまくいっているし、仕事も一段落したからそろそろ結婚のタイミング? なんて思ってるアラサー女性も多いはず。それなのに、彼からプロポーズされる全く気がしないと不安に思うこともありますよね。「逆プロポーズ」で自ら幸せを引き寄せる具体例をご紹介します!

2017年6月
恋愛・結婚

もう待てないなら逆プロポーズもアリ。

「結婚を考えている彼がいるけど、なかなかプロポーズしてくれない……」とモヤモヤしていませんか? そんなあやふやな状態の切り札になるのが女性からプロポーズする「逆プロポーズ」です。

女性からあえて結婚の話を切り出すことで、ふたりの関係性がグッと進展することだってあるんです。押しすぎず引きすぎず、が逆プロポーズのコツ。そこで、逆プロポーズを成功させるためのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

その前に!彼の心を事前にチェック♡

「とにかく結婚したい!」と焦るばかりに逆プロポーズしても、彼があなたと一緒にいたいと思ってなければ、あっけなく撃沈してしまう可能性もあります。

特に、30代で勇気を出して失敗すると、立ち直るのに時間がかかってリスクが高いので、賭けに出るような行動は控えましょう。まずは、彼の気持ちをそれとなく確認してから逆プロポーズの準備をスタートさせるのが先決です。

彼はあなたといる時、幸せそうにしていたり楽しそうにしていますか? くれぐれも「私が彼を守ってあげる」ではなく「俺がコイツを守りたい」と思わせないと、妻ではなく母親のような扱いになってしまいます。

成功する「逆プロポーズ」例♡

1. さり気なく自分の気持ちを伝える

男性側からよく聞かれるのが、「結婚についてグイグイ来られると嫌になる」という意見。しかし、好きな人から「ずっと一緒にいられたらいいなぁ~」とさりげなく言われたら嬉しくない人はいないはず。

自宅や車の中など、デート中に自然と気持ちがあふれ出るように「ずっと一緒にいたい」という気持ちを伝えるのが成功の秘訣。答えを求めて質問する感じではなく、あたかも独り言のように言ってみてください。

2. 家族や親戚に彼を紹介する

彼との結婚の話を急速に進めるのに有効なのが、お互いの家族や親戚に紹介する方法。そうすれば、周囲から「結婚はどうするの?」「そろそろ結婚かしらね」という話題が多く出てくるはず。

家族や親戚と結婚で盛り上がれば、今後の将来について2人で話す時も「結婚しようか」という流れになりやすいでしょう。彼の中でも徐々に心構えができるので、結婚の話がスムーズに進みやすくなります。

記事に関するお問い合わせ