無料の会員登録をすると
お気に入りができます

教えて、優木まおみさん!ガチガチの肩こり・腰痛を改善するピラティス

美容

骨や筋肉の本来の場所を“リマインド”

長時間のパソコンやスマホの操作、体の使い方のクセ、家事作業などによって起きる肩こり・腰痛。痛みや不快感は毎日の大きなストレスにもなりますが、ピラティスはどのように体に働きかけ、肩こりや腰痛を改善してくれるのでしょう。

「ピラティスは、骨や筋肉の“本来ここにあるべき場所”をリマインドしてくれます。それを体が徐々に記憶していき、体の使い方が変わっていくんです。その状態を気持ちいいと感じるようになるので、元にも戻りにくい。ピラティスが体の『リノベーション』ではなく、『基礎工事』だといわれる所以です」

ピラティスのおかげでトラブルを予防する動きが身についた

優木さん自身も、ピラティスをトラブルの予防のために活用しているといいます。

「仕事や家事などによって、体に負担をかけてしまうことはどうしても避けられません。でも、ピラティスのおかげで『ここをこうしておけば大丈夫』という体の動かし方がわかるので、いまは大きなトラブルがないんです。つくづく、自分で自分の体を整えていくのがピラティスなんだな、と感じています」

最後に、肩こりと腰痛を改善してくれるメニューを紹介。日ごろから気になっている人は毎日の生活にぜひとり入れ、自分で自分の体を整えてみましょう。

◇肩こり解消のためのストレッチ
肩こりに悩んでいる人は、肩が前に出たり、引き上がったりしがちです。胸を開いて腕を大きく動かし、肩を本来の位置に戻しましょう。

1、床にひざ立ちになり、ひざの間を少し開けます。両腕を頭の上に伸ばし、手のひらを正面に向けます。腕は耳の横にくるように。

2、息を吸い、吐きながらひじを曲げて両腕を下ろしていきます。手のひらを正面に向けたまま、腕は体の真横を通るように。

3、さらに腕を下ろし、ひじをわき腹に近づけます。息を吸いながら1に戻り、これを8回くり返して。

◇腰痛改善のためのストレッチ
腰痛の一因は、お尻の筋肉が硬くなり、お尻が腰の筋肉を引っ張ってしまうこと。硬くなったお尻の筋肉をほぐし、お尻から腰痛にアプローチします。

1、床にあお向けになったら、右脚は伸ばし、左脚はひざを立てます。

2、右脚を床から持ち上げ、ひざを曲げて外くるぶしを左ひざの上あたりに当てます。ひざが右側、足裏を左側に向けて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ