無料の会員登録をすると
お気に入りができます

朝6時半からオープン![東京]早朝からやってる絶品ベーカリー5軒

モーニングに焼き立てパンが食べられたら、その1日はハッピーな事間違いなし。今回は、朝早くからやっていて通勤前にも通勤途中にも立ち寄れる、東京都内のパン屋さんをご紹介します。

グルメ

1.〈カタネベーカリー〉/代々木上原

2002年にオープンした〈カタネベーカリー〉は、駅から徒歩10分ちょっとの住宅街の中。にもかかわらず、朝から閉店まで人が途切れることなく訪れるお店だ。また、近所の飲食店にもパンを卸していたりと、食のプロも認めるパンを作り続けている。フランスのパン屋のように、〈カタネベーカリー〉は早朝7時から営業する。地下のカフェに下り、旅行気分で、「パリの朝食セット」を頼む小さな贅沢。フランスパンは7:00・10:30・16:30、クロワッサンは7:30・13:30・17:30に焼き上がる。
(特別編集HanakoFOOD掲載/photo : Kaoru Yamada text&edit : Kisae Nomura)

カタネベーカリー
代々木上原駅

カタネベーカリー

2.〈365日〉/代々木公園

「福岡×食パン」1本340円

パンシーンの先端を走る杉窪章匡シェフが2013年12月にオープンさせた「食のセレクトショップ」。「食って血となり、肉となり体を作る。もっと楽しんでいいし、大切にしていい」。添加物や農薬の影響を受けない国産素材でパンを作り、野菜や乳製品まで扱う。

365日
代々木公園駅

365日

3.〈Toshi Au Coeur du Pain〉/都立大学

サンドイッチ。「パテドフォア」(写真上)と、「ジャンボンブール」500円。

「バゲット・トラディション」199円

フランスでバゲットは日本のごはんのように3食食べるもの。だから、すこぶる安い。〈トシ〉ではバゲットをわずか180円で売る。だから、都立大学の人たちも〈トシ〉にバゲットをごはん代わりに買いにくる。そのかいあって、1日10回も焼きだすバゲットがどんどん売れ、週末には300本もの本数になる。値段がフランス並みの安さ→地元の人が毎日買いにくる→どんどん焼く→いつも焼きたてだからおいしい→毎日買いにくる、と好循環が実現。いつも窯前でバゲットを焼きつづける川瀬さんのひたむきな姿は、本当にフランスのブーランジェに見える。
(Hanako1175号掲載/photo:Kenya Abe)

Toshi Au Cœur du Pain
都立大学駅

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ