無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“環境にやさしいごみの捨て方”って?簡単に始められる4つのポイントをチェック!

分別しないでごみを捨てる。それはどうやら環境に大きな負荷がかかるのだそう。そこで今回は神奈川県葉山町役場で、ごみ担当職員としてリサイクル対策に尽力した経験を持つ服部雄一郎さんに環境にやさしいごみの捨て方を教えてもらいました。

ライフスタイル

【Check!】プラスチックごみが厄介ものである理由。

プラスチックは石油由来のため土に還らず、摩耗してマイクロ化すると、何百年も海流や気流に乗って地球中に回り、食物連鎖を介して人間の口にも入り健康を害する可能性がある。また素材が複雑でリサイクルにエネルギーがかかり、多くの二酸化炭素を出す。7月1日から全国一律でレジ袋が有料化され、過剰な使用を見つめ直そうという動きがある。
主なプラスチックの種類
・ポリエチレン:ポリ袋、ごみ袋、灯油缶、バケツ
・ポリプロピレン:洗面器、容器、水筒、注射器
・ポリスチレン:トレイ、おもちゃ
・ポリ塩化ビニール:ビン、卵パック、ホース、人工皮革
・ポリ塩化ビニリデン:ラップ、ハムなどの個装フィルム
・メタクリル樹脂:風防ガラス、照明板、義歯
・ポリエステル:繊維、フィルム
・ナイロン:繊維、ファスナー、医療器具、機械部品
・ポリカーボネート:CD、ヘルメット、機械部品
・ポリウレタン:スポンジ、マットレス、断熱材
出典:『知らないと怖い環境問題』著・大塚徳勝(共立出版)

Navigator…服部雄一郎(はっとり・ゆういちろう)

翻訳家。訳書に『ゼロ・ウェイスト・ホーム』(アノニマ・スタジオ)、『プラスチック・フリー生活』(NHK出版)など。インスタグラムは@sustainably.jp

SDGs目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標14「海の豊かさを守ろう」、目標15「陸の豊かさも守ろう」

目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標14「海の豊かさを守ろう」、目標15「陸の豊かさも守ろう」…、地球にとって深刻な課題となる中、私たちができることって、なんだろう?大切なのは、全部でなくても、楽しそうだなと始められそうなことがあったらやってみること。その小さな一歩が、未来へとつながります。
(Hanako1185号掲載/photo:Natsumi Kakuto styling:YuiOtani illustration:SANDER STUDIO text:Tomoko Yanagisawa edit:NaoYoshida)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ