無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事姿も美しく♡知っておきたい職場での好感度UPのポイント15

ライフスタイル

4.物を拾うときは腰を下ろして

物を落としてしまったとき、立ったまま拾うのはNG。所作があまり美しく見えません。必ず膝を曲げて腰を下ろし、体の横側で物を拾いましょう。ちょっとした動作でもとても美しく見えますよ。

5.手の所作は指をそろえる・両手を使う

例えば物を渡すとき、受け取るとき、ドアを閉めるときなど、ビジネス場でも手の動作はたくさんありますよね。そんなとき指をそろえることを意識するだけで、所作が美しく見えるんです。

また、両手を使うことでより丁寧な印象を相手に与えることができます。普段から手指の形、使い方を意識してみましょう。

6.動作は区切りで一呼吸を置いて

ビジネスで「ながら動作」をしていませんか?たとえばあいさつしながらお辞儀をしたり、ドアを開けながら声をかけたり…。動作のひとつひとつはきちんと区切り、「間」を作るのが美しい所作のポイントです。

あいさつしてからお辞儀をする、ドアを開けてから声をかける、など。動作を区切るだけで丁寧に見えて、相手に好印象を与えられますよ。

7.動作の最後はゆっくり丁寧に

何かするときは最後まで気を抜かないこと。たとえばドアを閉めるときに気を抜いて勢いづいて大きな音が立てば、周りは不快ですよね。また、書類を渡すときに気を抜いて相手の手に渡る前に離してしまったり…

動作の最後はゆっくりと丁寧にやることを心がけると、相手からも好感度が高まります。ドアは静かに閉める、書類は指をそろえて両手で渡して。ほんのささいな心がけが好感度アップの分かれ道でもあるのです。

当たり前だけど大切なこと

8.人当たりの良い表情

表情がステキな人とは、一緒に仕事がしたくなるものです。ビジネスでの明るい表情を心がけましょう。

基本は少し口角を上げた笑顔。相手の話を聞くときや、真摯に対応したいときは、しっかり見つめる真剣なまなざしを忘れずに。

記事に関するお問い合わせ