無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[男性心理]ずっと話していたい…♡「モテる会話術」4選

恋愛・結婚

あなたの中身、つまり性格や人柄を相手に知ってもらうには、会話をすることが大切です。
彼との会話が弾み、心地いい時間を過ごすことができれば、「この子ともっと一緒にいたいな」と思ってもらえるかもしれません。

そこで今回は、男性のみならず多くの人を惹きつける「モテる会話術」を伝授いたします。

(1)聞く姿勢と表情に気を配る

会話をする上で大切なのは、姿勢と表情。
体がそっぽを向いていたり、無表情や怒っているような表情を続ける人とは、話を続けたいと言う気にはなれませんよね。

相手にきちんと顔を向ける、話の内容に合わせて表情や声のトーンを変える。
基本的なことですが、これができるだけで話しやすい雰囲気が出ますよ。

(2)話題を掘り下げる

会話を盛り上げるには、話題を深掘りしていくことが大切。
ひとつの話に対して、関連した質問をいくつかすることで、相手をより深く知ることができる上に話題にも困りません。

例えば、相手が「〇〇に住んでいます」と教えてくれた場合、どんな街なのか、電車は何線で、最寄駅はどこなのか、なぜそこに住むことにしたのか、実家か1人暮らしか…といった具合に話題を膨らませることができます。

つまり、質問力が大切だといえるでしょう。

(3)自己開示する

相手と親しくなりたいなら、相手に関する知識を増やすだけではNG。
あなたが相手に詳しくなっても、相手があなたの人となりをよく知らないようでは、好かれようがないのです。

「私もそれ好き。〇〇なところがいいよね」など、会話中に自分の意見や感想も率直に伝えれば、「あなた」について知ってもらうことができます。
適度に自分の話を挟むことも、会話を盛り上げる要素です。

(4)褒め言葉を挟む

誰しも褒められたら嬉しくなるものですよね。
会話中、「さすがだね」「かっこいいね」とナチュラルに褒め言葉を伝えられたら、相手に好感をもたれやすいでしょう。

ポイントは、相手の行動や考え方について注目し、具体的に褒めること。
「〇〇くんのそういうところ、尊敬するよ」など、的確な褒め言葉をチョイスしてくださいね。

モテる女性は、聞き上手であり話させ上手だと言われています。
つまり、会話力を磨けば、愛され力も高まるのです。

自分が話してばかりではなく、相手の話を聞く姿勢や質問を織り交ぜることで、「モテる会話術」を身につけてくださいね。

(恋愛jp編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ