無料の会員登録をすると
お気に入りができます

簡単にやる気を出す5つの方法

ライフスタイル

勉強・仕事・家事・ダイエット・運動……やる気が出ない時ってありますよね。やる気とはどうすれば出るのでしょう? そもそもやる気とは何なのでしょう? 心理カウンセラーの高見綾さんに教えてもらいました。

(3)背筋を伸ばして立つ

姿勢を良くして立つだけでも、自分の意思が強くなったように感じて、心のやる気スイッチが入りやすくなります。

2~3秒程全身にぐっと力を入れ、その後、大きく息を吐きながらリラックスする動作を繰り返してみると、なお効果的です。

(4)TO DOリストを作る

朝のうちに、今日やることを箇条書きにしてみましょう。優先順位が高いものにはチェックを入れます。

スマホのメモ帳も便利ですが、できたらポストイットなどに手書きするのがおすすめです。「これだけやればいいんだな」と視覚的にも分かりやすくなり、気持ちが整理されます。1つクリアできたら花丸を書いてみたりすると、達成感も味わえます。

(5)なりたい自分像をイメージする

5年後くらいにどのような自分になっていたいのかをイメージして、「理想の自分ならどんなふうに物事に取り組んでいるだろう?」と想像してみてください。

身だしなみなども含めて理想の自分になりきったつもりになってみましょう。未来に向けて進んでいる気持ちとなり、不思議と意欲が湧いてきますよ。

体を動かして心にスイッチを入れよう!

その日のコンディションによっては、どうしてもやる気が湧かないことはあるものです。些細なことでも、やる気は低下してしまうものなので、「やる気が出ない自分はダメ」と思い過ぎなくてもOKです。

やらされていると思うとモチベーションが下がってしまうので、自らやりたいと思えるようになるのが理想ですが、現実はそう簡単にはいかないもの。

どうしてもすぐにやる気を出す必要がある時は、体からアプローチするのが簡単です。まずは体を動かしてみて心にスイッチを入れましょう!

(高見綾)

※画像はイメージです

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ