無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ふわふわ食感に夢中!今チェックすべき最新「甘とろ食パン」6選[東京×ベーカリー]

空前の食パンブームが到来中の今。食パンといえども個性は様々。今回はふわとろ食感かつほんのりとした甘さが特徴の「甘とろ食パン」をピックアップ!おやつにも軽食にもぴったりな逸品をご紹介します。

グルメ

1.〈告白はママから♡〉の「しあわせの食パン」

プレーン味の「しあわせの食パン」2斤800円。

店舗の壁にはインパクトのある大きなイラストが!

吉祥寺駅から徒歩5分の場所にオープンした高級食パン専門店〈告白はママから♡〉は、思わずその美味しさに“キュン”としてしまう食パンを提供しています。人気ベーカリー〈ボンジュール・ボン〉と注目のベーカリープロデューサー岸本拓也さんが手を組んで生み出された、その名も「しあわせの食パン」。このお店の食パンは、しっとりやわらかい食感が特徴。プレーンは「しあわせの食パン」と名付けられ、国産バターに、フランス産の希少な発酵バターを加えた芳醇な香りが広がる一品。また、国産さくら蜂蜜も使っているため、やさしい甘みと華やかな香りも感じられます。
〈告白はママから♡〉
■東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-8
■0422-27-1513
■10:00~19:00(パンがなくなり次第終了)
■不定休

●さらに詳しい記事はこちらから。

こちら

2.〈銀座に志かわ本店〉の「「水にこだわる高級食パン」」

〈銀座に志かわ〉のベースになっているのは、三重や愛知で多くのファンを持つ〈513ベーカリー〉の食パンです。2016年の伊勢志摩サミットでパンを提供した実績もある〈513ベーカリー〉が、長年の研究を経てたどり着いたというその食パンは、現在、伊勢神宮にも奉納されているという逸品です。そして、その奉納食パンにさらに改良を重ねて作られたのが〈銀座に志かわ〉の食パンです。改良の際に注目したのは、“水”。一流料亭やホテルに浄水器やアルカリイオン整水器を納めるOSGコミュニケーションと共に、食パンに使われる“仕込み水”を開発・研究の結果、通常の天然水よりもph値の高いアルカリイオン水を使うことで、甘く、柔らかく、口溶けの良い食パンが出来上がりました。
店舗に並ぶ食パンは、店の奥にある工房から焼きたてが運ばれます。お値段は1本(2斤)800円。販売する商品はこれだけの一本勝負です。日常使いするには少々高価なお値段ですが、ちょっと贅沢したい時や手土産には喜ばれそうですね。持ち帰り時は、口の大きなビニール袋に入れることで、焼きたてでも蒸気を逃がしやすいようこだわって作られています。紙袋は銀座らしい上品さ。画像では見えにくいですが、袋全体に水のしずくが描かれていて、水へのこだわりがここでも表されています。
〈銀座に志かわ〉
住所:東京都中央区銀座1丁目27-12 キャビネットビル1F
電話番号:03-6263-2400
営業時間:10:00〜18:00(売り切れ次第終了)
※予約(取り置き)は電話にて。
アクセス:都営浅草線 宝町駅A1出口徒歩4分、東京メトロ有楽町線 新富町駅2番出口徒歩4分、東京メトロ銀座線京橋駅2番出口徒歩6分、東京メトロ日比谷線・JR京葉線八丁堀駅A2出口徒歩7分

●さらに詳しい記事はこちらから。

こちら

3.〈R baker北千住店〉の「ヨーグルト酵母の食パン」

「ヨーグルト酵母の食パン」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ