無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「おはよう」は快適に♡寝起きの悪い彼を上手に起こす7つの方法

寝起きの悪い彼氏を起こすのは大変ですよね。そこで、なかなか目が覚めない彼でも上手に起こせる方法をご紹介します。

2017年6月
恋愛・結婚

寝起きが悪い彼氏にイライラ!

快適に起こす方法があったんです♡

寝起きが悪い彼氏を起こさなければならないのは大変ですよね。彼が起きるまでに時間も労力もかかるし、何より不機嫌になられると、こっちまでイライラしてしまいそう…。

でも大丈夫。そんな彼でも上手に起こせる方法があるんです。1日のはじまりを気持ちよく迎えるためにも、ぜひこの方法を上手に利用してみてくださいね。

まずは心に留めておきたい「大前提3箇条」

大前提その1、起こすのには時間がかかる

寝起きの悪い人を瞬時に起こす方法はなかなかありません。まず、時間がかかることを覚悟しましょう。なので、起こす時間がギリギリにならないように、余裕を持った時間から起こすのが大切です。

大前提その2、寝坊できない日の前夜は早寝がマスト!

「明日は寝坊できない!」そんな日の前夜に彼が夜更かししていたら、早めに寝てもらいましょう。また、あなたが朝早く起きられるからといって、一緒に起きているのもNG。

人は睡眠時間が短ければ短い程、朝は眠くてなかなか起きれないものです。彼に質のいい睡眠をたっぷりとってもらえれば、翌朝は少しでもすっきり目覚められるかもしれません。

大前提その3、最終的には自己責任

と、思った方が良いです。「私が起こさなくちゃ」と義務感を持っているとつらいですし、彼自身も「彼女が起こしてくれる」と甘えるようになってしまいます。

「私が起こす必要はない」「遅刻しても彼の責任」と考えれば、あなたの気持ちも楽になります。彼の寝起きの不機嫌も決してあなたのせいではないのですから、「はいはい、またか~」ぐらいに受け流しておきましょう。

以上の大前提3箇条を留めた上で、彼を上手に起こしてみましょう♡

彼をやさしく起こしたいなら