無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫とずっと一緒に暮らすために 飼い主が心がけたいお世話10

ペット

「猫とずっと一緒に幸せに暮らしたいな」と思ったとき、飼い主さんは猫がしてほしいと思っていることを叶えてあげてください。

では、猫はどんなことを飼い主さんにお願いしたいと思っているのでしょうか? この記事では、猫の飼い主さんが心がけたい10のお世話について紹介します!

①1日1回は優しく話しかけたり、撫でたりしてあげて

猫は飼い主さんに優しく接してもらうことで、「ここにいると安心だな」「快適だな」と感じて、嬉しい気持ちになります。

もし猫がじっと見つめてきたり、体をこすりつけるなどの甘えたそうな素振りを見せたら、「なあに?」「イイコだね!」などと優しく声をかけてみてください。また、顔まわりを優しく撫でてあげるなどして、コミュニケーションをとってあげましょう。

猫の気分は変わりやすいので注意!

ただし、「猫の気分はコロコロと変わりやすい」と覚えておいてください。甘えてきた直後であっても、触ろうとしたら耳を後ろに倒して「やめて!」のサインのイカ耳になっていることも…。

猫の様子をよく確認して、タイミングを見極めましょう!

②落ち着ける場所にフードや水を複数用意してあげて

猫は人が行き来するような場所では、安心して食べたり飲んだりできません。そのため、フードや水は、静かで落ち着ける場所に置いてあげましょう。

また、猫はフードを少量ずつ食べる習性があるので、フードは1日分を小分けにして複数箇所に置いておくのがおすすめです。水も猫が選べるように複数箇所に用意してあげてくださいね。

フードやおやつの「もっとちょうだい」に応えすぎないように!

猫からフードやおやつを「もっと!」とおねだりされることもありますよね。しかし、猫の健康を考えた場合、求められるままに与えてはいけません。

フードは毎回量って与え、おやつを与える場合は苦手なお手入れをしたときの「ごほうび」であげるなどして、少量にとどめましょう。

複数飼いのフードについて

猫同士の関係が悪くない場合でも、フードを同じ場所で並べて食べると競争意識がはたらき、落ち着いて食べられないこともあります。1匹ずつ離れた場所に置くのがよいでしょう。

③トイレは汚れたらなるべく早く掃除して、キレイにしてあげて

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ