無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あ、やっちゃった! 付き合う前にエッチしても本命彼女になれる方法

付き合う前にエッチしてしまっても、その後ちゃんとお付き合いに発展しているカップルも増えているようです。付き合う前にエッチしても本命の彼女になるためには、どうしたら良いのでしょうか?

2017年6月
恋愛・結婚

あ、やっちゃった!でも本命になりたい!

いいなぁと思っている男性から口説かれて良いムードになり、つい流れでエッチしてしまったということも大人女子には起こり得ることです。でもこの彼とは、ワンナイトラブで終わらせず本命になりたい!

そう思うこともありますよね。最近では付き合う前にエッチしても、恋人に発展している人も珍しくありません。順番が逆になっても本命彼女になるためには、どうしたら良いのかを伝授してます。

①自分から連絡しすぎない

コトを起こしてしまった後、やたら自分から連絡しすぎると男性はちょっぴり怖くなってしまいます。また、頻繁に連絡があると、あなたの体も気持ちも手に入ったように感じて興味を失ってしまうのが男性です。

pixabay.com

あるいはセフレになれそうと思われてしまうことも。連絡を控えるようにすることで、彼はエッチしてしまってあなたがどう思っているのかなど気になり始めます。そして彼の方から連絡して来るように仕向けましょう。

彼から連絡が来てもはしゃいだりせず落ち着いて接することで、彼はあなたがどう感じているのかさらに気になり出し、いつしかあなたに恋に落ちてしまいます。

②「こんなこと初めて」をアピールする

付き合う前にエッチしてしまった男性の彼女になりたいなら、彼に「この子はこういうことがよくあるのかな?」と決して思わせないことです。

付き合っていない男性と流れでエッチしてしまうことがよくあるような女性に対しては、彼も本気モードになれませんしそんな女性を彼女にしたいと思わないでしょう。

そのため「こんなこと初めて」ということは何度となくアピールして自分でも驚いているという様子を見せましょう。「◯◯くんだからこうなってしまった」と言うのも効果的です。男性は半信半疑でも信じたいのです。

③誘われても2度目のエッチはしない

1度は流れでエッチしてしまっても、その後どうするかが大切です。もし彼が付き合うという話をしないまま2度目のエッチに誘って来たら、そこはキッパリ断りましょう。2度目もエッチしてしまうとセフレ認定です。

断りつつ「本来は、付き合ってない人とそういうことしないから」とここでもしっかり伝えましょう。もし彼があなたに関心があれば、ちゃんとお付き合いしようと考えます。

あわよくば今後も都合良くエッチしたいと思っていた男性も、キッパリ断られてかえってあなたを「本当はそういう女じゃないんだ」と見直して彼女候補として考えてくれるようになっていきます。

④後悔している素振りを見せる

付き合ってもいないのにエッチしてしまったことを後悔している素振りを見せましょう。間違っても嬉々として「この前良かったよ♡」なんて言ってはいけません。それでは軽い遊び人女性だと思われてしまいます。

www.pexels.com

あなたが後悔している様子を見て彼は「そんなにオレとしたことが嫌だった?」と不安になります。そこで「ううん。前から気になってたからこそそういうことになりたくなかった」などと伝えるのです。

すると男性は、そんな風に思い悩んでしまうあなたを見て愛しい感情が湧き上がって来るでしょう。思わず「大丈夫だよ、オレも好きだから。付き合おう!」という言葉が出て来てしまうかもしれません。

⑤必要以上に気にしすぎない

彼とエッチしてしまった直後は、今まで紹介したような方法を取っておくことも大切ですが、一通りそれが済んだら必要以上に気にしすぎないようにしましょう。

なぜなら、あなたが彼とエッチしてしまったことをウジウジいつまでも気にしていると、彼の方が罪悪感を抱いたり気まずい気持ちになってしまうからです。そしてあなたに会うことが気が重く、会いたくなくなります。

それでは彼女になることは望めません。自分の中で一度リセットして、今まで通りに振る舞うことも大切なのです。あなたと一緒にいることが楽しければ、彼は自然とあなたを本命として考えるようになるでしょう。

エッチが先でも諦めないで!

密かに好意を持っていた男性とはずみでエッチしてしまっても、「もうダメだ~!」と諦めることはありません。これらの方法を試してみることでイメージを悪くせず、かえって本命彼女に昇格出来ることもあるのです。

www.pexels.com

また、エッチの相性が良かった場合はあなたの体が忘れられなくなっているということも。卑屈にならず堂々として、あなたの本来の魅力を発揮してチャンスを掴んでくださいね♡

記事に関するお問い合わせ