無料の会員登録をすると
お気に入りができます

愛犬の”ココロ”もすっきり!心がけたいお世話のルール

ペット

東洋医学に“心と体は互いに強く影響しあう”という考え方があります。心が不安定だと免疫力が低下し、病気の引き金になることがあるのだとか。体だけでなく心の健康を保つことも大切ですね。この記事では、愛犬のために心がけたい「ココロのお世話」についてご紹介します。

愛犬の”ココロ”にイイお世話を続けるための3つのルール

dog.benesse.ne.jp

「ココロのお世話」についてお話しする前に、まずは、そのお世話を続けるための3つのルールをお伝えしておきます。

(1) お互い気分が乗らない日はお休み

愛犬も飼い主さんも、なんとなくやる気が出ないときに無理は禁物。それは不調のサインかもしれません。気分が乗らないときはあえてお休みすることが、結果的に健康につながります。

(2) 何事も楽しんでやってみる

お世話をしなきゃ……と思うと、お互いが負担になってしまいます。たとえば、散歩は愛犬とのデートの時間だと考えるなど、何事も楽しみながらやってみるといいでしょう。

(3) 愛犬の“調子がいい”を知る

犬には個性があり、体質や持病とうまくつきあっていかなければならない場合もあります。愛犬がベストな状態を知っておき、その“調子がいい”状態を長く保つことをめざしましょう。

ココロのお世話ルール1:もやもやをスッキリ!

dog.benesse.ne.jp

犬もストレスがたまると、わけもなくイライラしたり、心がざわついたりするもの。そんなときはあえて干渉せず、思いっきりかんで遊べるおもちゃを与えるなど、愛犬が自分でイライラやもやもやを解消できるようにサポートしてあげましょう。

愛犬の気分がしずんでいるなと思ったら、ふだんの散歩に5分だけプラスしてみるのもおすすめ。体を動かしてスッキリするだけでなく、いい気分転換になります。公園などにプチ遠出してみるのもいいですね。

ココロのお世話ルール2:穏やかにリラックス!

dog.benesse.ne.jp

心がリラックスしていると、愛犬の自律神経が整い、免疫力UPにつながります。愛犬が落ち着かないときは、ふだんの鼓動の速さで背中を指先でトントンとやさしくたたいてあげると、気持ちが落ち着きやすくなります。

また、犬の首や肩まわりは意外とこっていることが多いもの。そこで、やさしく手を当てて毛の流れにそってなでてあげましょう。飼い主さんになでられるとうれしくなり、愛犬も穏やかにリラックスしやすくなるはずですよ。

ココロのお世話ルール3:ワクワク&やる気UP!

dog.benesse.ne.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ