無料の会員登録をすると
お気に入りができます

オールインワン化粧品の使い方や肌タイプ別の選び方!近ごろ話題の美肌菌とは?

美容

肌タイプ別のオールインワン化粧品の選び方

Prostock-Studio / Getty Images

記事の最初で美肌菌についてご紹介してきましたが、オールインワン化粧品を選ぶときは、肌質に合わせて美肌菌も含め様々な成分をチェックするのがベター。肌質別のおすすめ成分をご紹介します。

乾燥肌の人におすすめの成分

乾燥肌の人はとにかく保湿を第一優先に。肌の水分を保持してバリア機能を高めてくれるセラミド、肌にみずみずさとハリ感を与えてくれるコラーゲン、肌の弾力やハリを生み出すヒアルロン酸などが配合されているオールインワンを選ぶようにしましょう。

敏感肌の人におすすめの成分

敏感肌の人は肌が乾燥して外的ダメージを受けやすくなっていることもあります。なので乾燥肌と同じように、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など保湿に優れた成分を積極的に摂るように。

また、敏感肌の人は反対に“配合されていない”成分を確認することも必要。アルコールや香料、着色料、鉱物油などは肌への刺激となり得るので、出来るだけフリーなものを選んでくださいね。

テカテカ肌の人におすすめの成分

顔がテカテカすることでお悩みのオイリー肌さんにおすすめなのは、ビタミンC誘導体の含まれたオールインワン。皮脂コントロールが期待できます。

ただ、オイリー肌の中には、テカるけど乾燥も気になるというインナードライ肌の人も。インナードライ肌の場合は、肌の水分量が不足していることから皮脂の分泌が活発になって脂っぽくなります。インナードライ肌は保湿もきちんと心がけて。

美肌菌オールインワンなら「a.geniq」

最後に、おすすめのオールインワン化粧品をピックアップ!美肌菌を育む成分のほか、セラミドNG・セラミドAP・セラミドAG・セラミドNP・セラミドEOPと5種のセラミドのほか、乳酸桿菌/ハマナス果実発酵エキス液、加水分解ローヤルゼリータンパクなどたっぷりの美容成分を配合した「a.geniq」です。

アーティストの加藤ミリヤさんプロデュースのオールインワンで、油分を補うオイル層と肌にみずみずしさを与える美容液層の2層を使用直前に振って混ぜて使用します。

アルコールフリー、パラペンフリー、香料・合成着色料フリーなど、肌の負担になり得る18種類フリー処方で、敏感肌の人でも安心して使用することができますよ。

a.geniqについて詳しくはこちら

美肌菌オールインワンで賢くきれいを目指そう!

これまでオールインワン化粧品に魅力を感じなかった人、これだというスキンケアに出会えてない人、忙しくても美を保ちたい人...ぜひ美肌菌を育てるオールインワンを使ってみて。きっとこれまでと違う確かな効果を実感できるはずです。

記事に関するお問い合わせ