無料の会員登録をすると
お気に入りができます

雰囲気美人になれる♡「外国人風カラー」オーダーのコツ

ヘアカラーの中でも今流行りなのが「外国人風カラー」。ふんわりとした抜け感が得られるこのカラーですが、そもそも外国人風カラーって何?という方も多いはず。そこで今回は外国人風カラーの意味やその種類、サロンでのオーダーの仕方についてご紹介していきます。

2017年6月
ヘアスタイル

外国人風カラーって?

最近、ネットや雑誌などでよく目にする「外国人風カラー」。ヘアカタログなどを見ると抜け感があって色白に見えて、オシャレなカラーだなという感じですよね。

でも実際に外国人風カラーってどんなカラーなのかよくわからないという方も多いと思います。その為に、サロンで曖昧な内容をオーダーして失敗してしまうという例も少なくありません。

まずは、予備知識として外国人風カラーがどんなものかを知っておくことが、オーダーで失敗しない最初のポイントになりますので、実際にどんなカラーを「外国人風カラー」と言うのか見ていきましょう。

外国人風カラーとは「赤味の無いヘアカラー」

tiful.jp

ざっくりと言うと、外国人風カラーは日本人に多く見られる「赤味」を抑えたヘアカラーの事です。日本人の髪は黒系なので、脱色するとどうしても赤やオレンジ系のカラーになってしまいます。

今流行っている外国人風カラーというのは、白人種に多く見られるマット系やベージュ系の緑や黄・青味のあるカラーの事です。つまり日本人が本来持っているカラーとは正反対のカラーということになりますね。

hair.cm

赤味を抑えることで、外国人風の透け感のあるオシャレなヘアカラーになるので、今この外国人風カラーがヘアカラーの中でも最トレンドになっているんです。

サロンでのオーダーのコツ

日本人がヘアカラーをするとどうして外国人風に見えないかと言うと、本来持っている「赤味」が理由だったんですね。では実際にサロンで外国人風カラーをオーダーする時にはどのように伝えればいいのでしょうか?

まずは自分の髪質を伝えること

サロンでオーダーする際に1番大切なのは自分の髪質を伝えることです。行きつけのサロンならカルテがあると思いますが、沢山のお客様を相手にしているのでカルテをチェックしないと忘れていることもあります。

自分の髪が染まりやすい、染まりにくいという情報だけでもいいので、日頃自分が思っていることをまずは伝えるようにしましょう。それによってカラーに使うお薬も変わってくると思うので失敗を回避できますよ。

マット系でのオーダーが定番

とにかくオレンジや赤味を抑えたいと思っている方は、緑系のマットをオーダーするのがオススメです。マットは赤味を抑えてくれる効果があるので、外国人風カラーで失敗したくないという方はマット系がいいですね。

ただ、マット系のカラーは思っているよりも見た目が暗く見えてしまう場合があります。明るさをキープしたいなら、「暗く見えないようにして欲しい」とオーダーすることも忘れないようにしましょう。

"ブリーチオンカラー"でオーダーする

ブリーチオンカラーって聞いたことありますか?これは一度髪にブリーチ(脱色)施してからカラーを乗せるという施術方法です。ベースの髪の色素を抜くのでカラーがキレイに入るのと透明感が出るのが特徴です。

ブリーチオンカラーでベージュやマットといった外国人風カラーを入れるとキレイに染まりますが、髪色が明るくなり、ダメージも大きいのでスタイリストさんとよく相談しましょう。

「赤味を抑えたカラーにしたい」と伝える

これと言ってしたいカラーは無いけど外国人風になりたいという場合は「赤味を抑えて欲しい」と伝えるといいと思いますよ。そうすれば自然とマットやベージュ系のカラーで施術してもらえます。

なおかつ、カラーサンプルを持ってきてくれる場合が殆どなので、その中からオススメを聞いて選んでいくのもいいと思いますよ。

素直に「外国人風」と言っても伝わる場合も!

外国人風カラーは今のヘアトレンドです。スタイリストさんが知らないという事は無いと思いますので、単刀直入に「外国人風に!」と言ってもきちんと伝わると思います。

あとは、ベージュっぽい感じや、オリーブっぽい感じといったようにニュアンスを伝えるようにして、なるべく自分の思い描いている理想を伝えるようにしましょう。

なりたい髪色の画像を用意しておくのも◎

失敗が少ないオーダー方法として、画像を用意しておくこともオススメです。画像で「こんな色に」とオーダーすれば実際にスタイリストさんに色の雰囲気を伝えることができるので安心できます。

そのサロンのヘアカタログなどから気に入った色の写真を選べば、使っているカラー剤なども合わせることができるのでオススメですよ。

今旬オススメ外国人風カラー

一言に外国人風カラーと言ってもマット・ベージュ・アッシュ・グレーなど色んなカラーがあります。そんな中から今オススメの外国人風カラーをご紹介させていただきます。サロンに行く時の参考にしてみてくださいね。

大人っぽくて人気!マット系カラー

hair.cm

マット系は赤味を抑えることができるオススメのカラーです。明るくなりすぎないカラーなので落ち着いた大人っぽさが出せるのが魅力。光に透けるとほんのりベージュっぽく見えるのもオシャレですよ。

定番アッシュでこなれヘアに

hair.cm

定番のアッシュ系カラーは今でも人気ですよね。アッシュ系は染めた直後から時間が経つにつれてベージュっぽいキレイな色味が出てきます。長くカラーを楽しみたいならアッシュ系もオススメですよ。

ベージュ系で明るめに

hair.cm

外国人風カラーの中でも抜け感が出せて可愛く見せられるのがベージュ系です。ミルクティー系のカラーなのでガーリーに見せたいという方にとってもオススメ。ふんわりとした雰囲気があるので男子受けも◎です。

グレージュで軽やか大人ルックに

hair.cm

グレー×ベージュのグレージュは、透明感と落ち着き感が一度に得られるのが嬉しいカラーです。明るめに見せられますが、ベースがグレーなのできちんと大人っぽさもキープできますよ。

ブルージュで抜け感ゲット♡

hair.cm

最近はアッシュ系のブルー×ベージュで仕上げるブルージュというカラーが人気。深みのあるアッシュ系に仕上がるので大人っぽさも出せます。いつものアッシュにマンネリしてきたら挑戦してみてください。

大胆に赤毛系も実はかっこいい!

赤味を抑えると言ってきましたが、外国人風の赤毛カラーも実はとってもオシャレ。日本人の赤味とは違い、軽やかな朱色のようなカラーが特徴です。レトロモードがトレンドの今だからこそ挑戦したいカラーですね。

憧れの外国人風カラーをオーダーしよう♡

顔周りが抜け感たっぷりに見せられる外国人風カラーは、憧れている方も多いと思います。ヘアカラーは頻繁に変えられるものではないので、しっかりとオーダーして今旬なルックスを手に入れてくださいね。

記事に関するお問い合わせ