無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[くすみの原因や予防法を紹介]肌に血が行き渡っていないかも?おすすめのスキンケアアイテム3選も

美容

「くすみ」トラブルの原因は、体内の血(けつ≒血液)が不足気味なため肌に充分な血が行き渡らず、血色が悪くなってしまうこと。血が不足すると肌は栄養不足になって新陳代謝が悪くなりやすいほか、抜け毛や白髪、爪が割れやすいなどの傾向も。そこでくすみを防ぐための生活習慣や、おすすめのスキンケアアイテム3選をご紹介します。

くすみの原因や予防法とは?

くすみの原因

くすみの原因は体の内側からの影響が大きく、東洋医学では血(けつ≒血液)の不足がくすみにつながると考えられている。

血が不足する原因は大きく3つ。ひとつは食生活で、食事の偏り、少食、無理なダイエット、朝食抜きなどは血の補給不足につながりやすい。ふたつめは血を消耗しすぎる生活習慣。特に夜ふかしやスマホやPCで目を酷使すると、血を多く消耗してしまう。3つめの原因は胃腸の不調で、胃腸の働きが弱いと食べたものから血を生み出す力が低下するため、血の不足を招きやすい。

くすみの予防のために心がけたいOK習慣

スキンケアのポイントは、肌への栄養補給。保湿クリームや美容液のケアにこだわるのがおすすめ。特に血行不足タイプの場合は、トウキ(当帰)やシャクヤク(芍薬)など和漢植物エキスを配合したアイテムもおすすめ。

また、血の不足を解消するために最も重要なのは睡眠。血は寝ている間に作られるものであり、特に23~2時頃は新しい血が生み出される時間帯と言われている。この時間帯に起きていると血が十分に生み出されないので、23時までに就寝することをめざして。22時以降はスマホを見ないようにすると理想的。食事面では、朝食をごはん中心の温かいメニューにすることがポイント。食事制限は避けて穀類をしっかり取るほか、黒豆、黒米、黒キクラゲ、クコの実、ナツメ、ドライフルーツ、ナッツ類などを積極的に取ろう。

くすみの予防のために気を付けたいNG習慣

血の不足によるくすみはスキンケアだけで解決することが難しいので、スキンケアは抜かりないけれど食生活や生活習慣のケアには無頓着・・・というのは避けたいところ。
血の不足タイプは不眠に悩む場合もあり、眠れないからとつい夜遅くまでスマホを見てしまうことも。すると、夜遅くまで目や脳を使うことでさらに多くの血を消耗してしまい、ますます血が不足して不眠が悪化するというスパイラルに。これが続くと肌のくすみも本格化してしまうので、血の不足スパイラルを食い止めるためにもベッドにスマホを持ち込まないようにしよう。

朝食抜き、ごはん抜きなどの食生活も血の不足を招くので見直しを。冷たいスイーツやジュースなどは胃腸の負担となるので、控えめに。
また、汗をかきすぎると同じく体内の液体である血の不足を招いてしまう。長風呂やホットヨガ、サウナなどで汗をかきすぎないように適度を心がけて。

教えてくれた人

成田かおるさん

漢方ビューティブランド「カガエ カンポウ ブティック日本橋髙島屋S.C.店」店長、漢方カウンセラー。同店にて、漢方薬からハーブティ、スキンケア、アロマまで、からだの内外からのトータルビューティケアを提案している。店舗は東京(上野・日本橋)、仙台、名古屋、京都で展開し、商品は銀座ロフトでも取り扱い中。

くすみケアにおすすめ!スキンケアアイテム3選

120g 474円(編集部調べ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ