無料の会員登録をすると
お気に入りができます

妊婦さんでも仕事はできる?短期アルバイトや職種を選べば大丈夫!

子育て

妊娠をきっかけに仕事を辞めてしまったけれど、家計を助けるためにもアルバイトをしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

子どもが生まれると、育児で手いっぱいになり働くこと自体が難しくなるため、なんとか妊娠期間中にアルバイトをしてお金を貯めたいと思う人は多いです。

今回は、妊婦OKの求人は存在するのか、妊婦さんにおすすめの職種にはどんなものがあるかを紹介します。

妊婦OKの求人はある?働きたい条件を確認

妊婦向けとして公開されている求人は少ないですが、職種によっては妊娠中でも受け入れてくれる仕事もあります。

ただし、妊娠中の無理は禁物!給与だけでなく、勤務場所や時間、職種などの条件をあらかじめ決めておき、無理なく働ける仕事を選ぶことが大切です。

勤務場所や日数・時間は?

勤務場所が遠いと、体に負担がかかりますし、移動中に何かあっては大変です。なるべく通いやすい場所を選ぶようにしましょう。

また、労働時間にも注意が必要です。妊娠前のように、週5日・8時間の条件で働くのは厳しいと考えてください。体のことを考えて、「ちょっと物足りないかな?」くらいの時間数に抑えておいた方がいいでしょう。

赤ちゃんと母体の健康を守るためにも、体力的・精神的に余裕が持てる労働条件に留めておくことが大切です。

妊婦さんが働けるリミット

労働基準法第65条(産前産後休業)によると、「本人の申し出がない限り、就業に対するリミットはない」という趣旨の記述があります。しかし、一般的には以下のような認識で対応している企業が多いです。

・単体妊娠・・・予定日から6週間前まで
・多胎妊娠・・・予定日から14週間前まで

このリミットを超えて働くことは、母体へはもちろん、赤ちゃんに影響が出ることも考えられます。無事出産を迎えるためにも、無理はしないようにしてください。

なお、産後は8週間の休暇が義務付けられております。医師の診断書があれば産後6週間からでも就業可能ですが、産後はしっかり体を休めるように心がけましょう。

妊婦さんにおすすめのアルバイト

妊娠期間中は、重たいものを持ったり、走り回ったりするような職種は向いていません。身体への負担がない職種を選ぶことが大切です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ