無料の会員登録をすると
お気に入りができます

妊婦さんでも仕事はできる?短期アルバイトや職種を選べば大丈夫!

子育て

妊娠をきっかけに仕事を辞めてしまったけれど、家計を助けるためにもアルバイトをしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

アルバイト先には妊娠中であることを隠さずに話しておきましょう。重いものを持つ仕事や、高いところに登らなくてはいけない仕事はさせないなどの配慮をしてもらえます。

また、万が一の事態が起きたとき、あらかじめ妊娠中であることがわかっていれば、対応の迅速さも変わってきますので、必ず妊娠中であることは伝えておきましょう。

短期アルバイト

1日からOKのことも多い短期バイトは、体調が不安定になりやすい妊婦さんには向いている仕事と言えるでしょう。一般的に短期アルバイトは、3か月から6か月未満で契約が終了します。

短期アルバイトであれば、つわりが終わると言われている妊娠5か月ごろから、産前休暇に入る前までの4か月間だけ働くといった働き方も可能です。

事務・コールセンター

事務やコールセンターは基本的に座り仕事なので、妊婦さんでも体力的な心配をしなくても良い職業。産後も続けやすいため、人気の高い職業でもあります。

ただ、コールセンターでは問い合わせの他、クレーム対応が業務内容に含まれているケースもあり、精神的な負担がかかる可能性も。業務内容はしっかりと把握した上で決めましょう。

派遣登録スタッフ

派遣登録でも短期派遣であれば、「3か月だけ」のように期間の制限が設けられているため、妊婦さんでも無理なく働けるでしょう。職種にもよりますが、一般的にはアルバイトに比べると、時給が高いことが多いようです。

在宅ワーク

近年、リモートワークなどで注目を集めている在宅ワークは、パソコンと通信環境が整っていれば、すぐにでも始められるお仕事です。

在宅ワークの最大のメリットは、決められた就業時間がないこと。納期が迫っていなければ、体調が優れない日はお休みをして、体調の良い日に一気に仕上げるという働き方もできます。

妊娠中のアルバイトは体調を最優先しよう!

妊娠中の症状は人それぞれです。中には、つわりもなく、妊娠生活を通していつも元気だという人も。しかし、どんなに順調であっても、妊娠中は通常の身体とは違うことを自覚して、体調を最優先に考えて行動しましょう。

「少しでも家計を支えるため」と無理をしてしまいがちですが、赤ちゃんに何かあってからでは取り返しがつきません。できるだけ短期間で無理なくこなせる業務内容のアルバイトを探して、出産までの時間を過ごしましょう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ