無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬にしてはいけない『NGな触り方』4選!こんなスキンシップは犬が嫌がっているかも?

可愛いわんこを見かけると、ついつい触りたくなってしまいますよね。ですが、人間の身勝手な触り方では、わんこに『NG』判定されてしまうかもしれません。今回は、わんこが嫌がるスキンシップをまとめました。

ペット

1.いきなり上から頭を撫でる

わんことのスキンシップの代表といえば、やはり、「頭を撫でる」という行為ですよね。ですが、気軽にやってしまいがちなこの行動、実は注意が必要です。

私たち人間でも、頭の上に急にヌッと手を伸ばされたら、「殴られるのかも?!」と身がまえてしまいますよね。それはわんこも同じ。いきなり上から頭を撫でられると、驚いたり怖くなったりしてしまいます。

わんこの頭を撫でたいと思ったとき、特に、他人のわんこを撫でるときには、まず自分の手の甲をわんこの鼻先に差し出し、匂いを嗅いでもらうのがマナーです。この「ごあいさつ」を済ませてから、頭を撫でましょう。

2.ギュッと抱きしめる

愛おしい存在に対しては、ギューッと強くハグしたくなるのが人情というもの。ですが、この「ハグ」、人間の世界では親愛表現であっても、わんこの世界では同じように受け取られません。

わんこをギュッと強い力で抱きしめると、「何事⁈」とわんこはびっくりしてしまいます。また、拘束されて動きを封じられることに本能的に嫌悪感を抱いて暴れてしまったり、強いストレスを感じてしまう場合もあります。わんこのあまりのかわいさにハグしたくなる気持ちはよくわかりますが、感情のままに強いハグをするのはNGですよ。

3.嫌な部位を撫でる

人間にも他人に触られたくない場所があるように、わんこにとっても、触られて気持ちが良いと感じる部位と、逆に触られると不快に感じる部位があります。パピーのうちから慣らすことで「どこを触られても大丈夫」という子もいますが、一般的に、足先やマズルの先などの先端部分、しっぽ、耳などは触られると嫌がる子が多いようです。

また、場合によっては、病気や疾患のために触られると痛む部位がある子もいるでしょう。嫌な部位を無理に触ろうとすると、わんこが怒ったり、反射的に噛みついたりして、咬傷事故にも発展しかねませんから、注意が必要です。

4.寝ているときやくつろいでいるときに触る

わんこ無防備に眠っている姿や、のんびりとくつろいでいる姿はとても愛らしく、思わず撫でてあげたくなるという人も多いかもしれません。ですが、わんこが寝ているときやくつろいでいるときに不用意に触るのは、NG行為に当たる場合があります。

そもそも、わんこの眠りのほとんどはとても浅く、わずかな刺激でも目を覚ましてしまうことが多いもの。眠っている間であっても、身体に触られたことを敏感に察知し、飛び起きてしまう場合があります。これをくり返していると睡眠が妨げられたり、ストレスになってしまったりします。

飼い主さんとの信頼関係が十分だったり、眠りが深かったりして、触っても眠りつづけているようであれば、撫でてあげても問題ありませんが、慣れない環境で警戒しながら寝ている場合などには、むやみに触らないようにしましょう。

まとめ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ