無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬が留守番中に考えている『5つのこと』

時間の長さこそ違うものの、犬の留守番はどの家庭でも発生し得ると思います。そのとき、犬はどのような心境でいるのか、考えたことはありますか…?犬の気持ちを推察してみましょう。

ペット

留守番中の犬の気持ち

1. 「退屈だなぁ〜」

多頭飼いの場合は少々状況が異なりますが、1匹での留守番であれば、遊び相手がおらず、留守番中は退屈な時間を過ごすことになります。

・ペットカメラを利用して遠隔で話し掛ける。
・テレビ、ラジオを付けたままにする
・ひとりで遊んでも安全なおもちゃを与えておく

犬にとって刺激となる何かがあると、退屈しのぎになりますし、留守番中の無駄吠えを減らす手段としても有効です。

2. 「眠いよー…」

犬は睡眠時間が長い生き物です。1日の平均睡眠時間は、子犬や老犬で約18〜19時間、成犬は約12〜15時間となっています。浅い眠り(=レム睡眠)が占める割合が高いため、睡眠時間を多く必要としているのです。留守番中によく眠れている状況は、犬にとっては理想的な環境が整っていると言えます。

3. 「おなかがすいたなぁ〜」

黄色い液体や白い泡のようなものを吐く様子を見たことはありませんか?これは、空腹が長時間続いたことが原因かもしれません。

《対策》

・フードの量を見直す
・フードの種類を見直す
・食事回数を増やし、空腹時間の短縮を図る

多くの場合、黄色い液体は胆汁、白い泡は胃液です。嘔吐の回数が多い、食欲がないようであれば早めに病院へ連れていきましょう。

4. 「早く飼い主帰ってこないかな…」

毎日の留守番は、飼い主がいない環境に不安を感じ、犬の分離不安症を引き起こしやすくなります。分離不安症になると、食糞や自傷行為が見られることもあります。

外出する際「ごめんね」という表情を見せると不安を増殖させるため、帰宅時に褒める練習を取り入れると良いかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ