無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットにも仕事にも。デキる女性は「ルーティーン」を極めてる!

習慣や日課である「ルーティーン」を日常の取り入れることで、さまざまなパフォーマンスが高まるようです。ダイエット成功や仕事で成果を出すためにも使えるのだとか。そんなルーティーンの活用の仕方を学びましょう。

2017年6月
ライフスタイル

ルーティーンの気をつけておきたいこと

飽きるなら変化を生む

ルーティーンをやることで、仕事のパフォーマンスが高まったとか、やりたくないことにも取り組めるようになったなど、成果が出ているなら意味はあります。

www.pexels.com

しかし、成果が出ないまま繰り返しても飽きるだけです。それならルーティーンが合っていないかもしれないので、変えてみるのもありです。絶対にやり続けなければならないわけではないことを、認識しておきましょう。

イレギュラーなことに弱いと認識

www.pexels.com

いつも決まったことをするようになると、逆に変化があったり、ルーティーンができなかったりすると、いつもの力を発揮できなくなってしまいます。イレギュラーなときもあることは覚悟しておきましょう。

ルーティーンは絶対ではない

「ルーティーンに従わなきゃ」と日常生活を犠牲にしたり、本当にやりたいことがおろそかになるのはNG。それはルーティーンに縛られているだけです。

www.pexels.com

時間を決めていてもずれることはありますし、決めていてもなかなかできないこともあります。ルーティーンができなくても仕方ない、合ってないならルーティーンを変えようかなと、柔軟に考えましょう。

ルーティーンでデキる人になりましょう

www.pexels.com

ルーティーンを作ることは、パフォーマンスを高めることに役立ちます。毎日のちょっとしたことでも、ルーティーンにして決めておくことで、効率が良くなりますよ。あなたの毎日の中にもルーティーンワークを取り入れてみませんか?

記事に関するお問い合わせ