無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットにも仕事にも。デキる女性は「ルーティーン」を極めてる!

習慣や日課である「ルーティーン」を日常の取り入れることで、さまざまなパフォーマンスが高まるようです。ダイエット成功や仕事で成果を出すためにも使えるのだとか。そんなルーティーンの活用の仕方を学びましょう。

2017年6月
ライフスタイル

行動のルーティーン化がデキる人を作る

「ルーティーン」とは?

Photo by Brooke Cagle / Unsplash

「ルーティーン」という言葉をご存じですか?ルーティーンは「お決まりの手順」「決まった所作」「習慣」「日課」という意味があり、決まった流れや段取りで行う習慣的な行動を指します。

日常のパフォーマンスを高めてくれる

日常の中にルーティーンを入れることで、仕事だったり、プライベートでの目標だったり、やるべきことのパフォーマンスを高めてくれるんです。

ルーティーン3つの効果

1.やりたいこと=考える行動だけ集中できる

何かをやりたいことがあるとき、そのためには「考える」必要がありますよね。一方、ルーティーンワークは習慣化されたもの。つまり、無意識で取り組めることなので、「考えない」時間になります。

www.pexels.com

1日の中でルーティーンを決めておけば考えずにすみ、考えたいことだけに集中できます。そのおかげで、考えたいこと=やりたいことのパフォーマンスも高まるのです。

2.やりたいけどできてないことに取り組める

やりたいけど気持ちが前向きではなくて取り組めていないことなども、ルーティーンの中に組み込むことで、自然とできるようになります。

www.pexels.com

たとえばダイエット。痩せたいけど続かず挫折してしまう人も多いでしょう。そこで1日の中で必ずやるルーティーンを作り、その中にダイエットの項目も盛り込めば自然と続けられるというわけです。

3.非日常的場面でも通常の力を発揮

非日常的な場面に遭遇すると、なかなかいつもの力を発揮できません。たとえば、忙しいときにさらに仕事を頼まれた、大勢の重役が集まる会議でプレゼンするため緊張しまくりなんていう時、なかなかいつも通りにできませんよね。

このような非日常な場面でも、いつも決めているルーティーンをこなすことで、いつも通りにやろう、日常と変わらないようにやろうと、気持ちが落ち着きます。

記事に関するお問い合わせ