無料の会員登録をすると
お気に入りができます

北海道に行ったら立ち寄りたいベーカリー&カフェ5軒。豊かな自然から生まれた食材で作られるパンは別格!

自然がいっぱいの北の大地・北海道。豊かな自然から生まれた食材で作られるパンは別格です。そこで今回は、わざわざ足を運びたくなるカフェ併設の北海道のベーカリーをご紹介します。パンだけでなくワインやチーズも食べられるところも。ぜひ、食から北の大地を感じてみて。

旅行・おでかけ

1.野原の中にぽつんと一軒、北海道産のワインやチーズも食べられる。〈Cafe Stoven〉/美唄

野原の中にぽつんと一軒。ときには羊たちも草を食みにやってくる。パン焼き小屋の中には薪窯。北海道産小麦を使って、しっかり水分を含ませたみずみずしい生地を作る。だから、翌日、翌々日、そのまた翌日でも、おいしく食べられる。カフェでは地元食材を使った「季節野菜のサンド」ほか、北海道産のワインやチーズも食べられる。

「季節野菜のサンド」(900円)

〈Cafe Stoven〉
■北海道美唄市西五条北5-5-5
■0126-35-4077
■10:00〜18:00 月火休
■23席/禁煙

2.薪窯で焼かれたパンと自家焙煎したコーヒー。〈ソーケシュ製パン×トモエコーヒー〉/虻田

「クロワッサン」(200円)

原野の中にある古いドライブインに古家具を置き、ベーカリーカフェに改装。今野祐介さんが薪窯でパンを焼き、妻のともえさんが、東京の名店〈カフェバッハ〉で使われていた焙煎機で自家焙煎したコーヒーを淹れる。ここで食べるクロワッサンとコーヒーは夫婦のマリアージュ。ソフトクリームがおいしいタカラ牧場も近い。

〈ソーケシュ製パン×トモエコーヒー〉
■北海道虻田郡喜茂別町字中里185-1
■0136-33-6688
■10:00〜17:00 火水休
■14席/禁煙

3.羊蹄山の雪解け水に恵まれた美しいパン。〈ソーケシュ製パン×トモエコーヒー〉/虻田

自然の中にある古いドライブインで営業。自家製ルヴァン種を使用、薪窯で焼く。近くで湧く名水や、北海道産小麦、隣接の〈タカラ牧場〉のバターなど地元産の食材を使う。妻のともえさんが焙煎、丁寧にハンドドリップしたコーヒーとパンをイートインすれば心地いい時間が過ぎる。

1.パン・ド・カンパーニュ600円、2.食パン460円、3.ヒマワリの種460円、4.レーズン・クルミ920円、5.ブリオッシュ680円(各税込)。このパンを食べると無性にバターやチーズを欲する。店主・今野祐介さんが、隣の〈タカラ牧場〉のチーズや地元産はちみつといっしょに毎日自分のパンを食べているからかも。「『こんな感じがうまいだろ』それをずっとつづけているだけです」

〈ソーケシュ製パン×トモエコーヒー〉
■北海道虻田郡喜茂別町字中里185-1
■0136-33-6688
■10:00〜17:00 火水木休
■8席/禁煙
■通販:sokeshu.com

■通販:sokeshu.com

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ