無料の会員登録をすると
お気に入りができます

運転ができない人も!ドライブ中に喜ばれる彼女のアシスト

彼氏とのドライブデートで彼女ができることは?

恋愛・結婚

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

最近、車の中で楽しめるイベントが増えてきているように思いますが、運転ができない女性は、彼ばかり大変で申し訳なく思ってしまうことも。たとえ車の知識がなくてもアシストはしたいですよね。

fumumu取材班は方法を聞いてみました。

①眠気覚ましのコーヒーやガム

運送関連の仕事をしていると、苦労を知っているだけに配慮できる人は尊敬しちゃうそう。

「彼女はいつも、僕の安全運転のためにコーヒーをやハードテイストのガムを用意してくれます。僕はトラック配送の仕事をしているので、眠気対策の大変さを理解力してくれることに嬉しさを感じています。
なぜそこまで気が利くのか尋ねてみたら『ペーパーだから運転事情はわからないんだけれど、教習所に通っていた時にとても眠くなった記憶があるから』という優しい言葉…相手の立場になって考えてくれる彼女のアシストは控え目に言っても最高と言わざるを得ません」(30代・男性)

関連記事:せっかくのドライブデートなのに…男子がイラっとしてしまう彼女の言動

せっかくのドライブデートなのに…男子がイラっとしてしまう彼女の言動

②音楽の準備やグーグルマップ

助手席でもできることは意外と多くあるようです。

「彼とのドライブは助手席専門なので、自分にできることをいつも探しています。ひたすら運転していると飽きてしまうと思うので、音楽を彼の趣味に合わせてセット。彼のリクエストいつでもをかけられるようにしています。
また、グーグルマップで必ず車用の経路案内をセットして道案内も。さらに、どうしても眠いときは必ず彼に一言断ってからにしています」(20代・女性)

➂積極的に話しかける

実際に彼氏から要望されたという女性は…。

「私は運転できないので、ドライブデートのときは彼が運転をします。いつも申し訳ないなと思い、何かできることがないか素直に尋ねたことがあります。
すると、積極的に話しかけて欲しいとのこと。会話すると眠くならないうえ適度な集中を保てるそう。
事前にネットで小ネタを拾っては『ねえ、知ってる?』と話しかけています。とはいえ、話しかけられるのが嫌なタイプもいるので、あくまで彼の要望を聞き取るのがいいのかも」(30代・女性)

運転できないなりに、彼が気分良く運転できるようなフォローができると良いですよね。

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ