無料の会員登録をすると
お気に入りができます

金運・運気が下がるトイレのNG習慣

開運の方法はいくつかありますが、その中でも人気なのが風水を使った開運です。そもそも風水とは、地理学がベースの中国から生まれた氣の流れを整える思想のひとつ。今回は、トイレにスポットをあてて、運気ダウンにつながる習慣について紹介します。

占い

風水とは、地理学がベースの中国から生まれた氣の流れを整える思想のひとつ。今回は、トイレにスポットをあて、運気ダウンにつながる習慣についてお伝えします。

便座のふたを開けっ放しにする

ふたを開けっ放しにしておくと、良い氣であっても陰になってしまいます。せっかくの運、特に金運を逃さないためにも、常にふたをしておきましょう。コロナ感染防止の観点からも、ふたを閉じてから流すことが推奨されています。

湿気は金運の大敵。できるだけ湿気を抑えるためにも便座にはふたを!
トイレに限らず、水まわりは開運に影響を与える重要の場所です。小まめに掃除をして清潔な空間を保つことを心がけましょう。

トイレットペーパーを床に置く

どの家庭でも、トイレットペーパーをストックしていると思います。でも、どこに置くかによって、運気は左右されてしまいます。

NGなのは、トイレットペーパーを床に置くことです。風水では陰の氣は、下に溜まると言われていますので、床に置いておくと陰の氣を吸い取ってしまい、運気を落としてしまうからです。

トイレットペーパーを収納する場合は、収納ボックスや簡易的な棚などを作って、床置き収納をやめることが大切です。

トイレで長居する

トイレは昔から“御不浄”などとも呼ばれており、汚れている場所です。さらに陰の氣が多い場所でもあるので、長居をすると自分の氣が陰になってしまい、運気ダウンにつながります。そのため、トイレで本を読む、ゲームをするなどは避けましょう。

そして、よくやってしまいがちなカレンダーや本、雑誌などを置くのもNGです。紙類は陰の氣を吸い取ってしまうため、トイレにはトイレットペーパー以外の紙類を置かないようにしましょう。

【関連記事・動画をチェック!】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ