無料の会員登録をすると
お気に入りができます

完璧主義でストレスを溜めてない? 心がほぐれる3つの言葉を覚えておこう

ガチガチに固まった気持ちをゆったりほぐすための言葉を、fumumu取材班が聞いてきました。

ライフスタイル

(ULTRA F/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…」と、焦りの中で生活をしていませんか? 完璧に物事を進めようとする姿勢は、とてもかっこいいものです。

ただ、自分を追い詰めるほどに完璧を求めてしまうと、いつか気持ちがくじけてしまうかもしれません。心をほぐすために覚えておきたい言葉たちを、fumumu取材班が聞いてきました。

①「がんばったなぁ」

「自分の努力が足りないように感じて、落ち込みそうなときは、『自分がんばったなぁ』と意識的に口に出すようにしています。自分で聞こえるように言葉にすることで、認められなかった自分の努力を、ちゃんと受け入れられるんです。
望んだとおりの結果ではないとしても、それに行きつくまでに、なにかしらの努力はあったと思うんです。過程を認めてあげることで、気持ちがすごく楽になりますよ」(20代・女性)

関連記事:ネガティブな気持ちと上手に付き合うには? 自分を追い詰めない考え方

②「やれたらいいな」

「やらなくてはいけないことに追い立てられているときは、『~やるべき』『~やらなくてはだめ』と考えるより、『~できたらいいなぁ』と考えるようにしています。
義務感を強めてしまうと、プレッシャーも大きくなって、気持ちが余計に焦ってしまうんです。冷静に考えたら大したことない量でも、余裕がなくなることで、イライラもさらに増えてしまうし。
言葉をやわらかくすることで、気分もほぐれるんです。切羽詰まった視界が広がると、焦らずにひとつずつ作業を進められますよ」(20代・女性)

③「まぁいっか」

「あれもこれもできなくて、もうだめだ! となったときは、なにも考えずに『まぁ、いっか』と呟くのがおすすめです。
本当にそう思えていなくても、口に出すことで、本当に大きな問題ではないように感じるんですよね。そこまで悲観することでもないか、と気持ちを切り替えることができるんです。
グルグル考えてしまう思考回路を、強制的にストップできるのかもしれないです。気持ちが落ち着いてくると、自然とまたがんばろうと思えます」(20代・女性)

ガス抜きが上手になれば、自分が求める理想にさらに近づけるかもしれません。

自分からのSOSをすくい上げて、適度に心身を休めながら、ゆとりのある日々を目指していきたいですね。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ