無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚生活を共にする上で「こんな旦那さんだったらいいな」と思う条件は?

恋愛・結婚

結婚相手を選ぶとき、旦那さんには「こんな人であってほしい」という理想を抱くこともあるでしょう。また「これだけは譲れない」と思うような条件を思い浮かべるかもしれませんね。ママスタコミュニティには家庭的な旦那さんがいちばんだと話すママがいました。

『みんなさ、旦那がどんな人なら納得? 家庭的ってのがいちばんかなあ』

結婚生活を共にする相手には何よりも家庭を大切にしてほしい、と感じているのですね。もっとも人によって旦那さんに求めるものは違うはず。優しさや誠実さといった性格の部分から、仕事や収入などの条件まで……。果たしてママたちが頭に思い描いた「納得できるような旦那さん」とは?

家族のことを大切にする

理想の旦那さん像として、真っ先に「家庭的」という言葉を思い浮かべたママ。どんなときも家族のことを考えて優先してくれる旦那さん……。家事や育児も協力しあえて、きっとママの心強い味方になるような存在なのでしょう。同じように「家族を大切にしてくれる人」がいいと共感するママもいるようです。

『家事・育児の分担、浮気しない、家族を大事にする人』
『家庭第一の人かな』
『家族に対して思いやりがあって誠実な人』

旦那さんとは子育ても協力して行いたいもの。泣いたらあやしたり休日には遊びに連れて行ったりと、子どもへの愛情をいつでも行動で示してくれたら嬉しいですね。

『優しい。子煩悩というか家族を大切にしてくれる人かなー』
『子どもが大好きで常に子どものことを考えてる、真夜中に子どもが泣いても起きてあやしてくれてる、いろんな場所に連れてってくれる』
『子煩悩、家事も好き、性格が穏やか、家以外で飲みにも遊びにもいかない』
『子どもにも関心あって、優しいなら』

経済的に困らない収入がある

家族のために「真面目に働いてくれる人」には頼りがいも感じますね。ママの出産育児などで、旦那さんの収入だけで一家を支えなければならない時期もあるかもしれません。家族が生活できるだけの経済力を持っている人ならば安心できそうです。

『生活できる程度の収入』
『真面目に働く、穏やかな性格の人』
『転職グセがない、年収もそこそこある(私が扶養内パートに出てもいい)』

なかには高収入の旦那さんならば、多少のマイナス面があっても目をつぶるという意見も。旦那さんが稼いできてくれる分、家のことは自分が頑張ろう……と気合いが入るかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ