無料の会員登録をすると
お気に入りができます

EXIT兼近、りんたろー。の恋愛を暴露 「恐怖を感じる」「天才的なテクニック」

EXITがコロナ禍で増える「オセロ症候群」について取り上げ、持論を述べました

エンタメ

終わりの見えないコロナ禍。前例のない事態のなか、些細なことでも感情を爆発させてしまう人も少なくありません。

1日放送の『ABEMA Prime』(ABEMA)では、見えない不安感から生まれる「コロナストレス」について、取り上げました。

なぜか、EXIT・兼近さんがりんたろー。さんの恋愛傾向を暴露する事態に…。

■コロナで増える「妄想で嫉妬」

コロナ禍でのストレスを「怒り」という形でもストレスを外に出せる人はまだマシ。内側に溜め込み、嫉妬がいきすぎた結果「妄想で嫉妬」してしまう…という“負のスパイラル”に陥る人も増えてるそう。

消そうにも消せない嫉妬心に「毎日しんどい。被害妄想でメンタルを削られる」と悩みを抱える女性の声も紹介しました。

関連記事:EXIT、キスについて持論 りんたろー。「必要」 兼近「必要ない」と平行線

EXIT、キスについて持論 りんたろー。「必要」 兼近「必要ない」と平行線

■りんたろー。「嫉妬もモチベーション」

「嫉妬」について聞かれたりんたろー。さんは「嫉妬もモチベーションに変えるタイプ」と負のスパイラルに陥ることはないそうですが「彼は嫉妬心がまったくない」と兼近さんのマインドを紹介。

「もともと、自分は底にいる。だから何も望まない」と、自分に期待をしていないことで、テレビでも緊張しない理由を明かしました。

■兼近「俺、ゴミじゃん」

兼近さん自身、昔は「いいよな、いい所に生まれて」など嫉妬心を抱いていたこともあったそうですが、ある時「俺、ゴミじゃん。ゴミだったら、ただ動いただけでもすごくね?」と思ってから思考が変わったと説明し、今では「無敵マインド」だとか。

リモート出演した、カウンセリングオフィスを運営と『嫉妬のお作法』の著者でもある川村佳子さんは、兼近さんの言葉に「自分を“最低限だ”と思うのは、ちょっと健康的じゃないと思います。でも、小さいなことでも喜べる感覚というのはすごくいい」と回答しました。

ファンからすれば「謙虚」ではなく「卑下」してしまうのは悲しいかも?

関連記事:EXIT、キスについて持論 りんたろー。「必要」 兼近「必要ない」と平行線

EXIT、キスについて持論 りんたろー。「必要」 兼近「必要ない」と平行線
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ